IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
598

juj***** 強く売りたい 6月6日 22:19

>>589

寄生虫JESはエレベーター保守点検獲得のため、
「戦略営業担当」を創設し、

1.大型法人契約の推進
2.入札対応強化(地方自治体、独立行政法人)

を行っている。

しかし、宿主5大エレベーターは
大型法人契約のエレベーターの新設の時に建物内の
膨大な数のエレベーター、エスカレーターの
保守点検の一括大型契約の代わりに
既に大幅な値引きを実施していて
寄生虫JESが入札しても20%程度しか安くならない。

そこで、とどめに

1.竹芝ハイツ事件
2.ブラックBOX免責問題
3.赤外線センサー免責問題

を持ち出し、寄生虫JESに切り替えると上記に関して、製造会社として一切責任をもちません、
と財務担当者を恫喝した後更に10%値引きという飴を
ちらつかせて、事実上10%しか安くならない事を
強調する。

すると、多くの財務担当者は引き続き、
宿主5大エレベーターに保守点検を依頼する。

また、5大エレベーターの中でも、
特に三菱、日立、東芝はそもそも、
財閥やゼネコンやデベロッパー系管理会社と
太いパイプを築いているので
寄生虫JESが入る余地は無い。

よって、セイコーエレベーターを飲み込み、
エレベーターの保守点検があたかも
指数関数上に増加しているように
見せかけている。

対して、SECエレベーターは
CM(こまどり姉妹)を流したり、
独立系管理会社に広告をのせたりして
自治体入札だけでなく
分譲マンション、賃貸マンション、
ビジネスホテル、零細ビル等にも積極的に
アプローチしている。

無論、入札方式の時にはJESより
SECエレベーターが更に10%安く
入札するので、JESは保守点検を
思うように獲得できない。

寄生虫JESは

前門の5大エレベーター、後門のSECエレベーター

状態。

つまり、グロース株であるJESは
新規保守点検台数の指数関数の増加を見込んで
株価が30階でうろついている。

株価は正直で新規のエレベーターの保守点検台数の
指数関数増加が見込めない決算がでた時、
売りが売りをよぶ展開になる。

目標株価:20階