ここから本文です

昨日は先進国全て株価下落も、リート指数は小幅下落かもしれません。S,P米リート指数、プラス0,17%、S,P先進国リート指数、プラス0,12%、DRJ、プラス0,27%、プラス一桁前半位?しかし、米長期金利が2,31マイナス3,41%まで、為替も米時間109,40台まで円高に、実質ゴトー日の仲値、前日比0,53円高、109,75円、クロス円も独歩高、個人的な期待を込めてマイナス8位でしょうか?5月に入って米中対立の激化、世界的な株価の下落もリート指数は、2200台には届かないものの、最大2187最小2138と案外安定しているような気がしますが?今夜のアメリカの自立反発、特に金利上昇、為替円安に期待です。