ここから本文です
ダイワ・US-REIT(毎月決算)B為替H無 - 株価チャート

2,981

+39(+1.33%)
  • 前日終値
    2,942(04/23)
  • 始値
    ---(09:00)
  • 高値
    ---(09:00)
  • 安値
    ---(09:00)
  • <<
  • 258 238
  • >>
  • 258(最新)

    YASUBŌ 4月24日 10:30

    2019/4/24

    ■前日の予測と結果:予測 2,946円 → 基準価額 2,942円  差異 ▲4円

    ■判定:→△(下振れ!フィデリティ並の騰落率(▲1,24%,▲37円)で止まらず)

    ■(参考)分配金利回り:16,32 %(前日比 +0,23 %↑) 減配の目安:23,033 %

    □リート指数(ベンチマーク):19125,19(前日比 +235,25)(+1,25 %)

    □USD/JPY(仲値):111,95円(前日比 +0,09円)(円安)若干、右寄りでした!

    □今日の予測(目安):2,981円(前日比 +39円)昨日の目安とは行って来いですが

    □(参考)米長期金利:2,5686 % (前日比 ▲0,0181↓)(▲0,70 %)

    ・今日の予測レンジ:(38円 or 39円)大型連休を控え輸出入企業の売り買い交錯

    <市場概況>
    昨日の東京タイムは大型連休前の輸出企業のドル売りでドル円は111,65円へ
    失速後、日経平均のプラス圏浮上で一時111,94円へ持ち直すも111,80円台で
    上値が重くなりました。欧米タイムでは米・2月FHFA住宅価格指数が予想を
    下回るもドル円は一時112,03円へ上昇後、米・3月新築住宅販売件数は予想に
    反し増加した一方、米・4月リッチモンド連銀製造業景況指数が下回りました。
    その後、ドル円はクロス円の軟調で111,76円まで反落し111,86円で引けました。

  • >>256

    どーもです。やんやん さん!

    昨夜のDJR(368,48)はEMA(75)367,51のサポートで止まったのでしょうか?
    (見にくい時はチャートをクリック or タップでのご確認をお願い致します)

    さて、今夜の結果(明朝)はどうなっているでしょう?自律反発を期待します!

    04312047 - ダイワ・US-REIT(毎月決算)B為替H無 どーもです。やんやん さん!  昨夜のDJR(368,48)はEMA(75)367,51のサポートで

  • このまま上がって欲しいと書き込んだ途端!これはどうなっていくんでしょうね^^;
    チャートも下がりそうな角度…

  • >>254

    どーもです。ifk*****さん!私も基準価額と個別元本との差に日々葛藤です!

    現在の分配金利回り(約16%)で、こんな感じで同一条件と思い聞かせています。
    基準価額:6,000円→分配金:80円(分配金利回り:16%)
    基準価額:4,500円→分配金:60円(分配金利回り:16%)
    基準価額:3,000円→分配金:40円(分配金利回り:16%)

    2019/4/23

    ■前日の予測と結果:予測 2,984円 → 基準価額 2,984円  差異 ±0円

    ■判定:→◎(為替の影響分もドンピシャなので合格ラインとさせて頂きます)

    ■(参考)分配金利回り:16,09 %(前日比 +0,01 %↑) 減配の目安:23,033 %

    □リート指数(ベンチマーク):18889,94(前日比 ▲223,53)(▲1,17 %)

    □USD/JPY(仲値):111,86円(前日比 ▲0,13円)(円高)日経平均が弱すぎ!

    □今日の予測(目安):2,946円(前日比 ▲38円)NY連休明け散々な結果でした!

    □(参考)米長期金利:2,5867 % (前日比 +0,0271↑)(+1,06 %)

    ・今日の予測レンジ:(▲36~▲38円)このダブルパンチでは手の打ちようが(涙)

    <市場概況>
    昨日の東京タイムは日経平均がプラス圏に転じ、仲値に向けた買いを支えに
    一時111,99円まで上昇しましたが、上海総合指数のマイナス圏や日経平均の
    伸び悩みで111,90円台での狭いレンジで方向感の乏しい値動きとなりました。
    欧州でもイースターマンデーの休場でドル円は111,90円台での動意薄でした。
    米・3月シカゴ連銀全米活動指数や米・3月中古住宅販売件数も予想を下回るも
    反応は限られNYでも111,90~96円で値動きが膠着し111,93円で引けました。

  • 分配金が80だった頃が懐かしい( -᷄◞౪◟-᷅ )
    80円でも基準額が3,000円を割った後も回復していったあの頃と今は一体何が違うのでしょうか、、、
    分配金を戻らないかなと夢見つつ、戻らなくてもいいから、せめて基準額が差額の40円ずつでも上がって行って欲しいですね⸜( ´ᐞ` )⸝

  • 2019/4/22

    ■前日の予測と結果:予測 2,983円 → 基準価額 2,985円  差異 +2円

    ■判定:→○(上振れるも、差異が±3円以内なので合格ラインとさせて頂きます)

    ■(参考)分配金利回り:16,08 %(前日比 ▲0,14 %↓) 減配の目安:23,033 %

    □リート指数(ベンチマーク):19113,47(前日比 ±0,00)(±0,00 %)(米国・休場)

    □USD/JPY(仲値):111,99円(前日比 ▲0,02円)(円高)仲値比では若干、円高へ

    □今日の予測(目安):2,984円(前日比 ▲1円)為替の影響分だけです!

    □(参考)米長期金利:2,5596 % (前日比 ±0,0000)(±0,00 %)(米国・休場)

    ・今日の予測レンジ:(▲1円)ドル円はイースターマンデーで動意薄の展開!

    <市場概況>
    週末の東京タイムは日銀の国債買入れの減額の発表で、本邦長期金利が上昇し
    ドル円は一時111,90円まで下押しましたが、アジア各国がグッドフライデーで
    休場のため薄商いの中、方向感の乏しい値動きとなりました。欧米タイムでも
    祝日で軒並み休場の中、米・3月住宅着工件数や米・3月住宅建設許可件数は
    予想より弱い結果となりましたが、目立った反応は見られず、ドル円は動意に
    乏しく111,90~96円での極端に狭いレンジ内で膠着し111,92円で引けました。

  • 今週分(4/15~4/19)「予測と結果」の総括

    項目:左から順次 日付→予測→結果→差異→判定
    4/15(月) 3,102円(+21円) 3,106円(+25円) + 4円  △
    4/16(火) 3,089円(▲17円) 3,092円(▲14円) + 3円  ○
    4/17(水) 2,986円(▲106円) 2,988円(▲104円) + 2円  ○
    4/18(木) 2,956円(▲32円) 2,960円(▲28円) + 4円  △
    4/19(金) 2,983円(+23円) 2,985円(+25円) + 2円  ○

    今週の基準価額の週足は▲96円(決算時の分配金落ち40円含む)実質▲56円。

    *判定 ◎ 大当たり(ドンピシャ)
        ○ ±3円以内(近似値)
        △ ±9円以内(1桁以内)
        × ±10円以上(2桁以上)


    <US-REIT 今週の市場状況>(米国/Day:4/12~4/18)

    4/15(月):企業の決算発表が良好だった事で、投資家のリスク選好姿勢が強まり、
    米国REITに波及し、データセンターを中心に幅広いセクターで上昇しました。

    4/16(火):米国株が高値圏にあることから、利益確定目的とみられる売りが入り、
    セクター別でみると、産業施設セクターを中心に幅広いセクターで下落しました。

    4/17(水):世界景気の過度な減速懸念が後退し、米長期金利が上昇したのを受け、
    セクター別でみると、商業・小売セクターを中心に全セクターで下落しました。

    4/18(木):米国REIT市場は下落しました。セクター別で米医療保険制度の改革に
    対する警戒感などから、医療施設セクターを中心に全セクターで下落しました。

    4/19(金):産業施設REIT大手プロロジスは先日発表された決算が予想を上回り、
    米国REITはセクター別で産業施設セクターを中心に全セクターが上昇しました。

  • 2019/4/19

    ■前日の予測と結果:予測 2,956円 → 基準価額 2,960円  差異 +4円

    ■判定:→△(上振れ!お仲間の米REITより騰落率で守りに徹してくれました)

    ■(参考)分配金利回り:16,22 %(前日比 +0,16 %↑) 減配の目安:23,033 %

    □リート指数(ベンチマーク):19113,47(前日比 +153,37)(+0,81 %)

    □USD/JPY(仲値):112,01円(前日比 ▲0,03円)(円高)週末の実質ゴトー日!

    □今日の予測(目安):2,983円(前日比 +23円)今日は、20円台は戻したいとこ!

    □(参考)米長期金利:2,5596 % (前日比 ▲0,0344↓)(▲1,33 %)

    ・今日の予測レンジ:(22円 or 23円)今夜の米国はグッドフライデーで休場!

    <市場概況>
    昨日の東京タイムは安寄りした日経平均の下げ幅が拡大し、ドル円は112円を
    割り込み、111,84円まで下落しました。LDNタイムに入っても米長期金利が
    低下する中、ドル円一時111.77円まで下落したものの、米・3月小売売上高が
    予想を上回り、米・先週分新規失業保険申請件数も49年ぶりの低水準となり
    112.03円まで強含むも、米・4月米製造業・サービス部門PMI速報値が予想を
    下回り嫌気したドル円は一時111,85円まで下押し後、111,97円で引けました。

  • 2019/4/18

    ■前日の予測と結果:予測 2,986円 → 基準価額 2,988円  差異 +2円

    ■判定:→○(上振れるも、差異が±3円以内なので合格ラインとさせて頂きます)

    ■(参考)分配金利回り:16,06 %(前日比 +0,54 %↑) 減配の目安:23,033 %

    □リート指数(ベンチマーク):18960,10(前日比 ▲185,30)(▲0,97 %)

    □USD/JPY(仲値):112,04円(前日比 ▲0,10円)(円高)

    □今日の予測(目安):2,956円(前日比 ▲32円)為替とリート指数のダブルパンチ

    □(参考)米長期金利:2,5940 % (前日比 +0,0018↑)(+0,07 %)

    ・今日の予測レンジ:(▲30~▲32円)前日に引き続き、残念ながら冴えない結果

    <市場概況>
    昨日の東京タイムは日経平均の上昇を背景に、ドル円は年初来高値を更新して
    一時112,17円まで上昇しましたが、日経平均が一時マイナス圏に沈んだ事で
    反落後、中国の強い経済指標を受け、日経平均の上昇に連れて112,10円まで
    買い戻されるも一巡後は111,92円へ失速しました。欧米タイムでのドル円は
    112円を挟んで揉み合った後、米・2月卸売在庫が予想を下回り111,93円へ
    弱含みましたが、NY終盤に一時112,12円まで強含み112,05円で引けました。

  • (ご連絡)

    本日の決算日は分配金落ちを含めると、やはり▲100円台に到達しました(泣)

    明日の4/18(木)は午前中から所用で外出しますので、定刻投稿が出来ません。
    あらかじめ、ご了承下さい。午後(時間未定)に投稿を予定しております。

  • >>247

    どーもです。やんやん さん!まさかの決算日に「こんな悪夢」が来るとは!

    2019/4/17

    ■前日の予測と結果:予測 3,089円 → 基準価額 3,092円  差異 +3円

    ■判定:→○(上振れも、差異が±3円以内なので合格ラインとさせて頂きます)

    ■(参考)分配金利回り:15,52 %(前日比 +0,07 %↑) 減配の目安:23,033 %

    □リート指数(ベンチマーク):19145,40(前日比 ▲445,13)(▲2,27 %)悪夢発生

    □USD/JPY(仲値):112,14円(前日比 +0,14円)(円安)

    □今日の予測(目安):2,986円(前日比 ▲106円)分配金落ち(▲40円)含む

    □(参考)米長期金利:2,5922 % (前日比 +0,0361↑)(+1,41 %)

    ・今日の予測レンジ:(▲102~▲107円)分配金40円想定で、実質▲62~▲67円

    <市場概況>
    昨日の東京タイムは日経平均の上昇を背景に、ドル円は一時112円台の場面も
    ありましたが、日米通商協議で為替条項が盛り込まれるとの観測から112円を
    下回って推移し、一時112円台に持ち直すもLDNタイム入りに119,85円まで
    下落し下げ渋りました。欧米タイムは米・3月鉱工業生産、米・3月設備稼働率
    予想を下回るも反応薄で、米・4月NAHB住宅市場指数は予想通りでしたが、
    半年ぶりの高水準となりドル円は112,04円まで上昇し112,00円で引けました。

  • 2019/4/16

    ■前日の予測と結果:予測 3,102円 → 基準価額 3,106円  差異 +4円

    ■判定:→△(嬉しい上振れ!お仲間の米REITよりアクティブらしさを発揮!)

    ■(参考)分配金利回り:15,45 %(前日比 ▲0,13 %↓) 減配の目安:23,033 %

    □リート指数(ベンチマーク):19590,53(前日比 ▲105,77)(▲0,54 %)

    □USD/JPY(仲値):112,00円(前日比 ▲0,01円)(円高)何とか凪で済みました!

    □今日の予測(目安):3,089円(前日比 ▲17円)明日の決算日に期待しましょう!

    □(参考)米長期金利:2,5561 % (前日比 ▲0,0054↓)(▲0,21 %)

    ・今日の予測レンジ:(▲16円 or ▲17円)決算日前に少しジャブを喰らいました

    <市場概況>
    昨日の東京タイムは続伸して寄り付いた日経平均を好感しドル円は112,10円
    まで上昇後、日本の大型連休を前にした本邦輸出企業の売りも観測されたため
    上値が重くLDNタイム入りには119,89円まで下落しました。欧米タイムでは
    米・4月NY連銀製造業景気指数が予想を上回り、昨年12月以来で最高となり
    米長期金利も上昇しドル円は112,07円まで上昇後、NY勢参入後、NYダウが
    マイナス圏へ沈むと112円を挟んでの揉み合いとなり112,03円で引けました。

  • 2019/4/15

    ■前日の予測と結果:予測 3,079円 → 基準価額 3,081円  差異 +2円

    ■判定:→○(上振れるも、差異が±3円以内なので合格ラインとさせて頂きます)

    ■(参考)分配金利回り:15,58 %(前日比 ▲0,09 %↓) 減配の目安:23,033 %

    □リート指数(ベンチマーク):19696,30(前日比 +95,67)(+0,49 %)

    □USD/JPY(仲値):112,01円(前日比 +0,21円)(円安)週明けゴトー日でしたが

    □今日の予測(目安):3,102円(前日比 +21円)3,100円台に乗せるでしょうか?

    □(参考)米長期金利:2,5615 % (前日比 +0,0627↑)(+2,51 %)

    ・今日の予測レンジ: :(20円or 21円)米側から為替条項の盛り込み発言あり!

    <市場概況>
    2019/4/13【週末経過状況】へ記載済みですので、そちらの方を参照願います。
    (紙面の都合で詳細内容が記載出来なかった米・経済指標の結果について)
    ・米・3月輸入物価指数(前月比):+0,6%(予想:+0,4%、2月:+1,0%←+0,6%)
    ・米・3月輸入物価指数(前年比):0,0%(予想:-0,6%、2月:-0,8%←-1,3%)
    ・米・4月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値:96,9(予想:98,2、3月98,4)
    ・米・4月ミシガン大学1年期待インフレ率速報値:2,4%(3月:2,5%)
    ・米・4月ミシガン大学5-10年期待インフレ率速報値:2,3%(3月:2,5%)

  • 2019/4/13

    【週末経過状況】~ブレイクタイム~ 週明けは3,100円超えに期待!

    USD/JPY(週末終値)時点での予測(目安)
    (週末終値での試算ですので4/15(月)の仲値で予測(目安)は変わります)

    □リート指数(ベンチマーク):19696,30(前日比 +95,67)(+0,49 %)

    □USD/JPY(終値):112,03円(前日比 +0,23円)(円安)終値が112円台乗せ!

    □週末終値での予測(目安):3,102円(前日比 +21円)狸の皮算用で3,100円台?

    □(参考)米長期金利:2,5615 % (前日比 +0,0627↑)(+2,51 %)

    ・今日の予測レンジ:(20円or 21円)たまには、為替救済も良いもんですネ!

    <市場概況>
    週末の東京タイムは円安を好感した日経平均が堅調に推移し、中国貿易統計で
    輸出額が大幅改善した事も好感されドル円は一時111,86円まで上昇しました。
    欧州勢参入後、米長期金利の上昇やダウ先物の上昇もあり、ドル円は111,99円
    まで上昇し、米・3月輸入物価指数も予想を上回りました。NYタイムに入ると
    米・4月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値が予想下回り、ドル円は111,86円
    まで弱含むも、下押しは限定的で112,09円まで上昇し112,03円で引けました。

    尚、4/15の確定予測(目安)は当日の仲値公示後にアップデートの予定です。

  • 今週分(4/8~4/12)「予測と結果」の総括

    項目:左から順次 日付→予測→結果→差異→判定
    4/08(月) 3,086円(+11円) 3,081円(+ 6円) ▲ 5円  △
    4/09(火) 3,064円(▲17円) 3,063円(▲18円) ▲ 1円  ○
    4/10(水) 3,040円(▲23円) 3,039円(▲24円) ▲ 1円  ○
    4/11(木) 3,066円(+27円) 3,064円(+25円) ▲ 2円  ○
    4/12(金) 3,079円(+15円) 3,081円(+17円) + 2円  ○

    今週の基準価額の週足は+6円。結果的に週初めの基準価額で終了しました

    *判定 ◎ 大当たり(ドンピシャ)
        ○ ±3円以内(近似値)
        △ ±9円以内(1桁以内)
        × ±10円以上(2桁以上)


    <US-REIT 今週の市場状況>(米国/Day:4/5~4/11)

    4/8(月):米・3月雇用統計は平均賃金の伸びが鈍化した事で米長期金利が低下し
    米国REITは上昇し、森林セクターを中心に幅広いセクターが上昇しました。

    4/9(火):国債入札や社債発行を控え、米長期金利が上昇で米国REITは下落し、
    セクター別でみると、医療施設セクターを中心に全セクターが下落しました。

    4/10(水):IMFが世界経済見通しを下方修正した事で米国REITは下落しました。
    セクター別でホテル・レジャーセクターを中心に幅広いセクターが売られました。

    4/11(木):米3月CPIコアが低調な結果となり、米長期金利が低下し米国REITは
    上昇し、産業施設REIT大手のプロロジス(倉庫買収を実施)中心に上昇しました。

    4/12(金):大手金融機関がレーティングを引き下げた通信インフラを手掛けている
    クラウン・キャッスルを中心にホテル・レジャーセクターなどが下落しました。

  • 2019/4/12

    ■前日の予測と結果:予測 3,066円 → 基準価額 3,064円  差異 ▲2円

    ■判定:→○(レンジ内、差異が±3円以内なので合格ラインとさせて頂きます)

    ■(参考)分配金利回り:15,67 %(前日比 ▲0,12 %↓) 減配の目安:23,033 %

    □リート指数(ベンチマーク):19600,63(前日比 ▲23,46)(▲0,12 %)

    □USD/JPY(仲値):111,80円(前日比 +0,69円)(円安)5日ぶりのドル高円安

    □今日の予測(目安):3,079円(前日比 +15円)2桁台の確保はして欲しいですが

    □(参考)米長期金利:2,4988 % (前日比 +0,0339↑)(+1,38 %)

    ・今日の予測レンジ:(15円or 16円)たまには、為替救済も良いもんですネ!

    <市場概況>
    昨日の東京タイムでは英国の合意なきEU離脱の懸念が後退し、ドル円は一時
    111,13円まで上昇し、その後は伸び悩みました。欧米タイムでは米長期金利が
    上げ幅を拡大しドル円は111,28円へ上値を伸ばし、米・3月生産者物価指数が
    予想より強い内容となり、米・先週分新規失業保険申請件数が約49年ぶりの
    低水準を記録し、低調な米30年債入札結果を受け米長期金利が上昇した事も
    追い風となって、ドル円は一時111,70円まで上昇し111,65円で引けました。

  • 投稿に失敗しました。
    コメント投稿、スレッド作成を制限しています。
    しばらくたってからやり直してください。と表示され投稿できません

  • <<
  • 258 238
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順