IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

毎日、株価を眺めていたら、ジェットコースターターなみの十下波動に揺さぶられることだろう。
ただ急騰急落が大きく下がってきた時に起きれば、下値波乱と言って、通常は,底入れが近いとも言われる。
いわゆる、株価の底ねりである。
株価の底値圏では、積極的に下値を拾おうとする投資家と、悲観した投資家の売りの売買が交錯するものだ。
そのため、出来高も急増する。
まさに底値圏での出来高急増は、天井圏での出来高急増と対比されるべきものだ。