IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

テスラとビットコインを切り離して考えたいのは、楽観的な投資家かイーロン・マスクに毒されている投資家だけ。

大体、イーロン・マスクがビットコインに投資した影響もあって、テスラが4月末にS&P500銘柄からESG銘柄に落選したようなもの。

ドイツの工場云々などテスラがESG銘柄から落選したことに比すれば取るに足らない些細な出来事。

2021年4月末に、S&P500銘柄の中からテスラがESG銘柄が選出があれば、

https://ccbriefing.corporate-citizenship.com/2021/03/31/will-tesla-make-the-grade-to-join-the-sp-500-esg-index/

テスラが大反発する材料になり得たことはずです。バロンズ誌の予想通りテスラは落選したのでしょう。

Barron’s has suggested that if its score doesn’t improve, the company could become the largest S&P 500 company to be excluded from the S&P 500 ESG Index.

テスラがESG銘柄に選出されたのであれば、相場格言

国策に売りなし

を地で行く米国政府の政策、つまり、米国政府の錦の御旗を掲げる米国政府お墨付きの銘柄になるからです。

CEOイーロン・マスク氏が2021年4月23日に賞金1億ドルのCO2回収コンテストを提唱したのは環境スコアを上昇させてESG銘柄選出を勝ち取りたい一心のことだったのでしょう。4月末にS&P500からESG銘柄が選出されています。

https://jp.reuters.com/article/climate-change-musk-prize-idJPKBN2C932O

高度の確率で4月末に決定のESG銘柄からテスラが選出の落選を推測します。