ここから本文です

終りのはじめ
11日の米国市場ダイジェスト:ダウは23ドル安、小売決算を嫌気
NYダウ      ナスダック
終値:20919.42  終値:6115.96
前日比:-23.69   前日比:-13.18
始値:20925.72   始値:6110.05
高値:20933.36   高値:6120.20
安値:20798.90   安値:6075.68

2-4月期決算を発表・海外では今が中間決算です。このずれを・・・
忘れてはならない!!。

11日の米国株式相場は下落。ダウ平均は23.69ドル安の20919.42、ナスダックは13.18ポイント安の6115.96で取引を終了した。主要小売決算が嫌気され、同セクターを中心に売りが先行。原油相場の上昇に加えて、4月生産者物価指数が予想を上振れたほか、週間新規失業保険申請件数が堅調な内容となり、午後にかけて下げ幅を縮小したものの相場を押し上げるには至らなかった。セクター別では、テクノロジー・ハード・機器や食品・生活必需品小売が上昇する一方で小売や銀行が下落した。

百貨店のメーシーズ(M)や小売のコールズ(KSS)は決算内容が嫌気され、軟調推移。明日に決算を控える百貨店のJCペニー(JCP)も売られた。写真共有アプリを手掛けるスナップ(SNAP)は売上高が予想を下振れ大幅下落。一方で、スーパーマーケットのホールフーズ(WFM)は、決算内容が好感され上昇。建設機械のキャタピラー(CAT)やファストフードのヤム・ブランズ(YUM)は一部アナリストによる投資判断引き上げを受け買われた。

百貨店のノードストローム(JWN)はマーケット終了後に2-4月期決算を発表、売上高、調整後一株利益ともに予想を上振れたものの、既存店売上高が下振れた。時間外取引で下落して推移している。