ここから本文です

投稿コメント一覧 (40608コメント)

  • 信用が第一のセキュリティ対策専門の会社です。
    今は株価は安定させておくべきとの社長の考えだと思います。

  • 意図的にIRの強化と株主還元をしない
    そんな🍌バナナな話聞いたことないよ。
    今期の税金対策はあるかもね。

  • 誰でもいいから 
    『三共も7,000円🎤』って 言ってよね。
    第一三共の関係者は ココにはカキコできないから仕方ないか!!!!!

  • >>No. 746

    欲張っちゃいけないけれど 第一三共1位をゆずりたくないだけ
    配当さえあげてくれれば・・・負けないのに。😆😥🤣
    中外に負けてるのが悔しいです。4519//6,008+360(6.37%)

  • トレイダーズウェブ https://finance.yahoo.co.jp/news/detail/7359cdc07c02a4e22ffb87b2891acd2052161523
    大黒屋ホールディングス<6993>が買い気配。同社は11月30日、子会社の大黒屋がLINEヤフー<4689>と業務提携すると発表した。「LINE」上で中古ブランド品を買い取り、「Yahoo!オークション」に出品し、落札結果に応じて利用者に還元する新サービスの概念実証の取み組みを開始する。

     併せて、同社代表取締役社長の小川浩平氏などを割当先とする第2回無担保転換社債型新株予約権付社債(CB)および第20回新株予約権の発行を行うことも発表した。

     CBの払込期日は12月21日。発行総数は40個(潜在株式数222万2200株)。当初転換価額は45円。下限転換価額で転換された場合における最大交付株式数は434万7800株となる。
     
     新株予約権の割当日は44万4445個(潜在株式数4444万4500株)。当初行使価額は45円。差引手取概算額としてCBと新株予約権の合計で20億9133万5840円を調達し、LINEヤフー<4689>との業務提携に伴う新規事業資金などに充当する。発行済み株式総数に対する希薄化率は最大で41.73%。

  • ヤマノホールディングスは美容、和装宝飾を軸に「スクールIE」の塾運営などの教育事業などをしている企業です。東証スタンダードに上場しています。

    この銘柄が低リスクでキャピタルゲインを狙える理由は、次の3つです
    配当+優待
    コロナ禍の2020年3月期、2021年3月期を除いては、安定して配当を出しています。今年も去年と同じ年間1.5円の配当額が予定されています。現在の67円の株価で計算すると、配当利回り率は2.24%になります。100円以下の銘柄の中では高い配当利回りです。

    また、ヤマノHDは優待も備えています。1,000株の保有(現在の株価で67,000円)で2,000円分ですから、約2.99%の優待利回り率になります。

    配当と優待を合わせると5%を超える利回りですので、100円以下の低位株の中ではお得にインカムゲインを得られます。その魅力もあるので、株価も下値は限定的で安心して持っていられる銘柄だと思います

  • 大黒屋ホールディングス<6993>が買い気配。同社は11月30日、子会社の大黒屋がLINEヤフー<4689>と業務提携すると発表した。「LINE」上で中古ブランド品を買い取り、「Yahoo!オークション」に出品し、落札結果に応じて利用者に還元する新サービスの概念実証の取み組みを開始する。

     併せて、同社代表取締役社長の小川浩平氏などを割当先とする第2回無担保転換社債型新株予約権付社債(CB)および第20回新株予約権の発行を行うことも発表した。

     CBの払込期日は12月21日。発行総数は40個(潜在株式数222万2200株)。当初転換価額は45円。下限転換価額で転換された場合における最大交付株式数は434万7800株となる。
     
     新株予約権の割当日は44万4445個(潜在株式数4444万4500株)。当初行使価額は45円。差引手取概算額としてCBと新株予約権の合計で20億9133万5840円を調達し、LINEヤフー<4689>との業務提携に伴う新規事業資金などに充当する。発行済み株式総数に対する希薄化率は最大で41.73%。

  • >>No. 165

    プライベートエクイティ(PE)とは、広義だと「未公開株式(未上場企業の株式)」を意味し、未上場企業の株式の取得・引受を行うこと全般を「PE投資」といいます。

    ただし、これはあくまでも広義の意味でのPE投資であって、一般的には以下の2つに分けられることが多いです。

    ・VC(ベンチャーキャピタル)投資:立上げ期のベンチャー企業への小規模投資
    ・PE投資:成長・成熟期の企業への大規模投資
    ③配当
    2024年にこの銘柄が大化けする最も大きな要因と考えるのは復配です。先日の本決算で配当額1.5円と発表されました。現在の61円の株価ですと、配当利回りが2.46%です。100円以下のボロ株の中では、1、2番目を争うほどの高い利回りになります。

    業績は拡大しているため下値の不安が少ない中、着実にキャピタルゲインもインカムゲインも狙える稀有な銘柄です。

    今はまだ市場の参加者は少ないですが、1Q決算の前の来年1月中旬ころから少しずつ株価を上がってくるとみています。そして、2024年中に100円を超える大相場をつくる展開もあるのではとにらんでいます。

  • >>No. 164

    フィンテックグローバルは投資銀行事業、公共コンサルティング事業、エンタテインメント・サービス事業の3つの事業を展開している企業です。東証スタンダードに上場しています。

    この銘柄が低リスクでキャピタルゲインを狙える理由は、次の3つです。
    ①黒字安定
    2023年9月期は経常利益が12億7,700万円の黒字でした。3期連続での黒字です。次の2024年9月期も16億円の黒字予想です。100円以下の株は赤字であったり、経営が安定しないことが少なくありませんが、フィンテックグローバルは黒字額も年々増えていますので、株価も赤字が要因で下げに向かう可能性は低いと考えられます
    ②成長性

    成長性については、本業の投資事業が順調というのが大きいです。特に事業継承ソリューション業務とプライベートエクイティ投資事業が絶好調です。2023年9月期は無配継続となりましたが、配当よりもプライベートエクイティ投資に回すことが理由にあげられていました。2023年の売上の伸びを見ても、今最も脂の乗っている事業といえます。さらに2024年は航空機アセットマネジメント事業の増収増益が見込まれますので、株価の上昇要因になってくる可能性が高いです。

  • 経常利益の赤字が3期以上続いている
    直近の決算発表で赤字転落
    PER、PBRが割高(PERは15倍以下、PBR1倍以下が推奨ライン)
    無配、優待なし
    出来高が少ない(1日10万株以下)
    増資中
    テーマ性がない
    不祥事で株価急落した過去がある
    チャートが右肩下がりで、底値がわからない
    需給が悪すぎる
    「継続企業の前提に関する注記」銘柄

  • >>No. 743

    山谷激しいのが好みなら個別を注意深く見た方が良いでしょうね。
    ETFは決まった日に売られます。
    ETFは元の値段に買いなおされるまで2週間ぐらいかかります。
    投信が買われる毎10日 25日の前日までに・・・

  • >>No. 807

    文部科学省「大学の世界展開力強化事業~アジア高等教育共同体形成促進~」に採択されました。今年度入学式はどこでするのでしょうね。4/2~4/5冨永悌二先生は
    お忙しくなられますね。
    本学プロジェクトでは中国の北京大学および四川大学、韓国のソウル大学校および延世大学校、タイのチュラロンコーン大学、インドネシアのインドネシア大学と連携を強化し、文理異分野連携型・産学官連携型の歯学教育を通じた、多様な価値観を受容し相互理解を深める学生交流を提供するとともに、アジアの環境・ニーズに合ったアジアスタンダードに基づく歯学教育研究・歯科医療の確立・普及と、これに貢献し得るグローバルリーダーの養成を目指します。

  • 90で孕み(73-81)
    孕み女性は強いですよ・・・(笑い)
    男性はこれにめっぽう弱い・(笑い)

  • >>No. 723

    中外7000とかいってるよ 
    負けたくないから外資様も頑張れ~
    ▼最新医療iPS細胞 心筋シートを使った手術は既にかなり多いですよね。
                          千里の呼吸器循環病院

  • >>No. 170

    【千載一遇】
    せんざい-いちぐうと捉えられるかどうかでしょうね✨
    疑えばきりなし NKちゃん10万は信じなくても4万は信じられるなら
    ここは投資会社です。ムーミンとは切り離して考えようね。
    川の流れは1本じゃない訪ねてみればほんのわずかな湧き水があるばかりですよ。
    これが1級河川になり。1級河川が時として災害を呼ぶのです。
    いまはまだメダカのおよぐ小川のようなもの。

  • >>No. 164

    アダコテック 推しですね
    製造業×AIのアダコテック、ISMS国際標準規格「ISO27001」を取得
    株式会社アダコテック(本社:東京都千代田区、代表取締役:河邑 亮太、以下、アダコテック)は、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)に関する国際規格である「ISO27001」の認証を2023年5月23日付で取得したことをお知らせします。から~の もうすぐ1年になりますね。タイミング的にはそろそろ龍🐉IPOいくのかしらね。
    ◆取得の背景

    アダコテックは、国立研究開発法人産業技術総合研究所の特許技術を活用し、製造業の検査・検品工程の自動化に取り組んでいます。クラウド上に製品画像をアップロードすることで判定モデルを作成することができるSaaS「AdaInspector Cloud」をはじめとしたシステムをご提供しています。

    当社はこれまでも情報セキュリティレベルの向上に取り組んでまいりましたが、導入企業の増加や対象業界の拡大により、取引先企業様の製品等に関する重要な情報を取り扱う企業として、さらに高い情報セキュリティレベルが求められる機会が増えてまいりました。そこで今回、国際標準の要求事項を取り入れた管理体制を構築し、ISO27001認証を取得する運びとなりました。
    アダコテックもう少し増資(投資)しておいて下さい。
    いまなら余裕で出来るはず。

  • お花畑はまだ作らない方が賢明。
    富良野はまだ雪の中🌱🌱🌱むぎ新芽が出るまでしっかり麦踏しましょう。
    ☘🍀🌸🌿🌼🌺☘🍀🌸🌼☘🍀🌸🌿🌼🌺☘🍀🌸🌼☘🍀🌸🌿🌼🌺☘🍀🌸🌼

  • >>No. 776

    劫辱悪声 罵詈雑言は 心にも体にもよくないです。

  • 株価も配当(82円)も 【中外製薬】追い越してくれないかな~ 
    中外も頑張れ~5897+240 今日も負けてる~

  • >>No. 756

    自己防衛で貸株していたのではないのかしら
    45日ルール適用かな? 1/16から数えてみて

本文はここまでです このページの先頭へ