ここから本文です

>>11408

⬆自律走行車にも
>ハイプ・サイクル?!…幻滅期、はやっ!!
2019年04月20日
【「幻滅期」に突入したAI、個人の技術者がチャンスな理由】
 「人工知能(AI)」が「幻滅期」に入った。米ガートナーの新技術に対する市場の期待度を調べるハイプ・サイクル調査では、日本市場は2018年10月に幻滅期の手前の、過剰にもてはやされる「ピーク期」にあった。4月には熱が冷め市場が停滞する幻滅期に突入した。ただAI技術はオープン化が進み、個人事業主や中小企業などの小さな事業者でも活用できる環境が広がる。これからはAIをより冷静に捉えて戦略的に事業化を進める必要がある。
冬の時代
 「日本はすでに幻滅期にある。海外では18年秋からAIは『冬』に入ったといわれてきた」とガートナージャパン(東京都港区)の亦賀忠明ディスティングイッシュト・バイスプレジデントはこう指摘する。ハイプ・サイクルの調査は公式には8月に結果を発表する。ただ前回調査から半年がたち、幻滅期への突入を確実視している。
 ハイプ・サイクルは新技術への期待を時系列にグラフ化してまとめる。誇大な宣伝(ハイプ)を見極め、新技術の導入フェーズを探る目的がある。幻滅期では新技術への熱狂が冷めてAIプロジェクトの淘汰(とうた)が進む。AIのユーザーが成功と失敗の双方の経験を積んで、本当の意味での事業への貢献が求められるようになる。
 言い換えると、これからが本番という時期だ。産業技術総合研究所人工知能研究センターの麻生英樹副研究センター長は「過剰な期待はいつか必ず冷める。幻滅期の谷をいかになだらかにして渡りきるかが重要だ」と説明する。
ハードルは低下
 一方でAI技術を活用するハードルは下がっている。AIのアルゴリズムや学習済みモデルはオープンソースとして流通している。元ソフトウエアエンジニアが実家の農家を継ぎ、ディープラーニング(深層学習)でキュウリの選別機を作成した例もある。今後、個人事業主や中小企業など、より小さな事業者がAI技術を自社の業務に試して、仲間内で経験をシェアする取り組みは広がっていく。過剰な期待が先行している現状では、後発組の方が幻滅の谷を深く急速に落ちていく可能性がある。
(以下略)

ZMPとZMP関連銘柄を語る ⬆自律走行車にも >ハイプ・サイクル?!…幻滅期、はやっ!! 2019年04月20日