ここから本文です

>ZMPを曲線で表現したら?( ´ー`)フゥー...
【ガートナーの2017年版「新興技術ハイプサイクル」--AIや没入感が注目トレンド】
2017年08月18日 11時06分
佐藤信彦
https://m.japan.cnet.com/story/35105879/
 Gartnerは、さまざまな新興技術に対する関心の高さや普及度合いなどをまとめたグラフ「Hype Cycle for Emerging Technologies, 2017」(新興技術ハイプサイクル2017年版)を公開した。今後10年間のデジタルビジネスをけん引する注目トレンドとして、Gartnerは「あらゆる場面での人工知能(AI)活用」「透過的で没入感のある体験」「デジタルプラットフォーム」の3つを挙げた。
 ハイプサイクルは、何らかの技術が登場して期待が高まり、次第に普及していく過程を(1)黎明期、(2)過度な期待のピーク期、(3)幻滅期、(4)啓蒙活動期、(5)生産性の安定期という5つのフェーズに分類するもの。特定の技術が成熟するまでのどの段階にあるかを見極める助けになる。Gartnerは、企業経営者や投資家、マーケター、研究開発チームなどが技術を検討する際に考慮すべき情報だとしている。
 ハイプサイクルのグラフには、各技術がどのフェーズにあるのかと、その技術が何年後に生産性の安定期に入るかの予測が掲載されている。
 今回Gartnerが注目したトレンドの、あらゆる場面でのAI活用、透過的で没入感のある体験、デジタルプラットフォームは、無類の知能をもたらし、深く新しい体験を生み出し、新たなビジネスエコシステムとの接続を実現するプラットフォームを組織に提供するという。
 各トレンドの概要は以下のとおり。
あらゆる場面でのAI活用
 AI技術は、今後10年間でもっとも破壊的な影響を及ぼす技術になるという。こうした技術を使うことで、企業などはデータを活用し、新しい状況に対応して、かつてなかった問題を解決できるようになる。
 関係する技術は、深層学習、深層強化学習、汎用人工知能、自動運転車、コグニティブ(認知)コンピューティング、商用無人飛行機(ドローン)、会話型ユーザーインターフェイス、
(以下略)
⬇(上)ハイプサイクルの概念
(下)新興技術ハイプサイクル2017年版

ZMPとZMP関連銘柄を語る >ZMPを曲線で表現したら?( ´ー`)フゥー... 【ガートナーの2017年版「新興技

  • >>11408

    【今後10年にわたり:「AIは最も破壊的な技術領域に」 Gartnerが分析】
    [馬本隆綱,EE Times Japan]
    http://eetimes.jp/ee/spv/1708/25/news026.html
     米国の市場調査会社Gartner(ガートナー)は2017年8月23日、「先進テクノロジーのハイプサイクル:2017年」を発表した。この中で、企業が今後10年にわたってデジタルビジネスを推進し、成功するために必要となる3つのメガトレンドを明らかにした。
     3つのトレンドとは、「どこでも人工知能(AI)となる世界」「透過的なイマーシブエクスペリエンス」および、「デジタルプラットフォーム」である。2000件を上回るテクノロジーの中から重要な知見を抽出し、注目すべき技術やトレンドとしてまとめた。
     ガートナーは、「今後10年にわたって、AIは最も破壊的な技術領域になる」と分析する。その背景として、急成長するコンピューティングパワー、無限大に増加するデータ、進化を続けるディープニューラルネットワークを挙げた。また、これらに必要となる技術領域として、「ディープラーニング」「深層強化学習」「汎用AI」「自律走行車」「コグニティブコンピュータ」「ドローン」「会話型ユーザーインタフェース」などを示した。
     技術の進化は、これからも人間中心型となり、「人」「ビジネス」「モノ」の関係が、透過的に、より密接に絡み合うと予測する。ここでは、「4Dプリンティング」「拡張現実(AR)」「ブレインコンピュータインタフェース」「コネクテッドホーム」「ナノチューブエレクトロニクス」「仮想現実(VR)」といったコア技術が必須となる。
     デジタルプラットフォームは、必要なデータ量や高度なコンピューティングパワー、偏在性(ユビキタス)に対応するエコシステムの提供が求められている。このため、区分化されたこれまでの技術基盤から、新しいビジネスモデルに向けた技術基盤に移行するという。この領域では、「5G(第5世代移動通信)」「デジタルツイン」「エッジコンピューティング」「ブロックチェーン」「IoT(モノのインターネット)プラットフォーム」「ニューロモルフィックハードウェア」などを重要なテクノロジーとして挙げている。(以下略)

    ZMPとZMP関連銘柄を語る 【今後10年にわたり:「AIは最も破壊的な技術領域に」 Gartnerが分析】 [馬本隆綱,EE T

  • >>11408

    ⬆自律走行車にも
    >ハイプ・サイクル?!…幻滅期、はやっ!!
    2019年04月20日
    【「幻滅期」に突入したAI、個人の技術者がチャンスな理由】
     「人工知能(AI)」が「幻滅期」に入った。米ガートナーの新技術に対する市場の期待度を調べるハイプ・サイクル調査では、日本市場は2018年10月に幻滅期の手前の、過剰にもてはやされる「ピーク期」にあった。4月には熱が冷め市場が停滞する幻滅期に突入した。ただAI技術はオープン化が進み、個人事業主や中小企業などの小さな事業者でも活用できる環境が広がる。これからはAIをより冷静に捉えて戦略的に事業化を進める必要がある。
    冬の時代
     「日本はすでに幻滅期にある。海外では18年秋からAIは『冬』に入ったといわれてきた」とガートナージャパン(東京都港区)の亦賀忠明ディスティングイッシュト・バイスプレジデントはこう指摘する。ハイプ・サイクルの調査は公式には8月に結果を発表する。ただ前回調査から半年がたち、幻滅期への突入を確実視している。
     ハイプ・サイクルは新技術への期待を時系列にグラフ化してまとめる。誇大な宣伝(ハイプ)を見極め、新技術の導入フェーズを探る目的がある。幻滅期では新技術への熱狂が冷めてAIプロジェクトの淘汰(とうた)が進む。AIのユーザーが成功と失敗の双方の経験を積んで、本当の意味での事業への貢献が求められるようになる。
     言い換えると、これからが本番という時期だ。産業技術総合研究所人工知能研究センターの麻生英樹副研究センター長は「過剰な期待はいつか必ず冷める。幻滅期の谷をいかになだらかにして渡りきるかが重要だ」と説明する。
    ハードルは低下
     一方でAI技術を活用するハードルは下がっている。AIのアルゴリズムや学習済みモデルはオープンソースとして流通している。元ソフトウエアエンジニアが実家の農家を継ぎ、ディープラーニング(深層学習)でキュウリの選別機を作成した例もある。今後、個人事業主や中小企業など、より小さな事業者がAI技術を自社の業務に試して、仲間内で経験をシェアする取り組みは広がっていく。過剰な期待が先行している現状では、後発組の方が幻滅の谷を深く急速に落ちていく可能性がある。
    (以下略)

    ZMPとZMP関連銘柄を語る ⬆自律走行車にも >ハイプ・サイクル?!…幻滅期、はやっ!! 2019年04月20日