ここから本文です
現在位置:
  • 26957(最新)

    i_m***** 12月9日 10:51

    >>26833

    ⬆囲碁チャンピオン、AIは倒せない存在だから引退する
    >金融・保険業界にひたひたと・・・
    【金融ロボット、高報酬職の一部業務に進出も-米下院でAI専門家証言】
    Lananh Nguyen
    2019年12月9日 9:10 JST
    ・ポートフォリオ構築などの業務もAIに置き換え-コーネル大教授
    ・機械学習が金融・保険業界にたくさんの課題、多くは失業へ
     ウォール街ではロボットが多くのお決まりの仕事を人間の代わりに行うようになったが、ここにきて業務範囲はより高いレベルに到達しつつある。
     こう話すのは、AQRキャピタル・マネジメントで機械学習の責任者を務めた経歴を持ち、現在はコーネル大学教授のマルコス・ロペスデプラド氏だ。
     同氏は6日に米下院金融委員会で、人工知能(AI)による資本市場や雇用への影響について証言。電子市場でのアルゴリズム利用で、世界のエグゼキューション・トレーダー数万人の業務が自動化されており、価格やリスクをモデル化したり投資ポートフォリオを構築したりする人々もAIに取って代わられていると述べた。
     ロペスデプラド氏は「金融に関する機械学習が金融・保険業界で雇用されている614万人にたくさんの課題をもたらす。多くは失業するが、必ずしも機械に置き換えられたためではなく、アルゴリズムと共に働く訓練を受けていないからだ」と説明した。
     約2時間の公聴会で議員らは、AIにおける人種・性別上の偏りや、高技能技術者を巡る争い、複雑化するデータ主導の金融市場における規制上の課題について専門家らに尋ねた。

  • >>26843

    >応酬
    【トランプ大統領「北朝鮮は非核化しなければならない」】
    4時間前
    TBSnews
     アメリカのトランプ大統領は8日、ツイッターに「北朝鮮は約束通りに非核化しなければならない」と投稿し、非核化に向けた協議に応じるよう改めて求めました。
     トランプ氏は8日、ツイッターに「金正恩(キム・ジョンウン)氏はシンガポールで私と強力な非核化の合意文書に署名した」と投稿した上で、「北朝鮮は途方もない経済的な可能性を秘めているが、約束通りに非核化しなければならない」として、協議に応じるよう改めて求めました。
     北朝鮮は7日に金星(キム・ソン)国連大使の名前で声明を発表し、「非核化は、すでに米朝交渉のテーブルからなくなった」と主張したほか、8日には国営メディアが国内のミサイル関連施設で「非常に重大な実験が行われた」と報じるなど、挑発を続けています。
     こうした状況の中トランプ氏は、「金正恩氏は賢いので、敵対的に振る舞ってすべてを失うことはできないはずだ」と、けん制しました。

  • 【「自動運転のコストは必ず下がる」、AVCCが非競争領域の成果を2025年モデルに】
    2019年10月に発足を発表したAVCC。新たにルネサス エレクトロニクスや、Autoliv(オートリブ)から分社化したエレクトロニクス関連のVeoneer(ヴィオニア)も加わった。自動車メーカーや大手サプライヤー、半導体メーカーが、日米欧から集まった格好だ。どのように自動運転のコストを下げるのか。
    [齊藤由希,MONOist]
    https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/spv/1912/09/news046.html
     安全かつ購入しやすい自動運転車の提供に向けて、2019年10月に発足を発表したコンソーシアム「AVCC(Autonomous Vehicle Computing Consortium)」。初期メンバーはArm、Robert Bosch(ボッシュ)、Continental Automotive(コンチネンタル)、デンソー、General Motors(GM)、NVIDIA、NXP Semiconductors、トヨタ自動車という顔ぶれだったが、新たにルネサス エレクトロニクスや、Autoliv(オートリブ)から分社化したエレクトロニクス関連のVeoneer(ヴィオニア)も加わった。自動車メーカーや大手サプライヤー、半導体メーカーが、日米欧から集まった格好だ。
     AVCCでは、個人が所有するタイプの自動運転車とモビリティサービス用の無人運転車の両方を対象に、自動運転に使うコンピューティングシステムが業界標準としてどうあるべきか議論する。定義した推奨条件は2025年モデルにも採用する計画だ。Arm ADAS/自動運転プラットフォーム 戦略担当ディレクターで、AVCCのボードメンバーを務める新井相俊氏は「自動運転車のコストは、非競争領域の共通化で必ず下げられる」と語る。
    (以下略)

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • >>26911

    ⬆瘡蓋?!
    2019.12.09
    【韓国政府公式Twitterが「一緒に叫んでください『旭日旗は憎しみの旗です』」「オリンピックで旭日旗の使用はいけません」とツイート〜ネットの反応「東京オリンピックの妨害に出てきましたね」「外務省は抗議してください!」】
    ▼ネットの反応
    >Nathan(ねーさん)
    韓国政府の公式アカウントが「旭日旗は憎しみの旗です」とツイート。
    これを許してはいけないでしょう。外務省は抗議してください。
    21:26 - 2019年12月8日
    Twitter広告の情報とプライバシー
    >heliofungia
    2011年のある韓国人サッカー選手のウソから始まったこのお話し。私は90年代後半から韓国とお付き合いがあるのですが、その嘘以前は旭日旗なんて全く問題になってませんでした。韓国にはこの類のウソがあまりに多すぎて、関わった人は軒並み嫌韓になっていくのです。
    23:28 - 2019年12月8日
    >ごり山田
    オリンピックの妨害に出てきましたね。これで引っ込み付かなくなってオリンピック参加拒否してくれると良いのですが。日本は毅然とした態度を貫いてほしいです。
    0:54 - 2019年12月9日
    >よんよん
    外務省しっかり対応しないと!
    0:06 - 2019年12月9日
    ⬇Google 機械翻訳
    韓国政府公式Twitter
    一緒に叫んでください#BanTheFlag 「旭日旗憎しみの旗です。」日本国内嫌韓デモなど「ヘイトスピーチ(憎悪の発言)「現場で使用されるフラグです。世界の平和と調和の職人オリンピックに旭日基応援機使用はいけません。

    ZMPとZMP関連銘柄を語る ⬆瘡蓋?! 2019.12.09 【韓国政府公式Twitterが「一緒に叫んでください『旭日旗は憎し

  • >>26938

    TECH INSIDER
    【アマゾンの自動運転「DeepRacerリーグ」で日本人が“圧倒的”世界トップになった理由】
    Dec. 09, 2019, 05:00 AM
    https://www.businessinsider.jp/post-203746
    アマゾン ウェブ サービス(AWS)が主催する自動運転ロボットカー競技「DeepRacerリーグ」の世界大会にあたるファイナルイベントで、日本人が1位・2位をとった。
    優勝したSolaさんこと瀧下初香さん、2位のFumiakiさんこと大野史暁さんは、どちらも、大日本印刷の子会社でシステムインテグレーション企業のDNPデジタルソリューションズに所属している。
    なぜ彼らは勝ったのか? DeepRacerリーグでの経験が自らの仕事にどう生かされているかなどを聞いた。
    基調講演会場での世界大会で日本チームが優勝
    DeepRacerは、AWSが提供している「自動運転ロボットカー」だ。大きめのラジコンカーくらいの大きさの中に、インテルのプロセッサーとカメラ、ジャイロセンサーなどを搭載しており、特定のコースを「自動運転」で走る。人が直接運転するわけではない。
    元々は、AWSが機械学習のひとつである「強化学習」をエンジニアに学んでもらうために作った競技だ。DeepRacerを走らせ、道を正しく走る方法を学ばせていく過程から、機械学習についての知見や開発手法を身につけることを狙っている。
    そのDeepRacerで競技を行うのが、「DeepRacerリーグ」だ。バーチャル空間でのレースや実車でのレースを通じてコース一周を完走した際のラップタイムを競い合う。
    開催中のアマゾンAWSのイベント「re:Invent 2019」では、世界大会にあたるファイナルイベント「チャンピオンシップ」が開催された。会場にはコースが作られ、そこで実際にDeepRacer実機を使ってレースが行われる。今回は世界中から64名がチャンピオンシップに参加。3日間のトーナメント戦を戦い抜いた。(以下略)
    ⬇DeepRacer世界大会で1・2フィニッシュを決めた、DNPデジタルソリューションズ・チーム。中央が、優勝したSolaさんこと瀧下初香さん、左が2位のFumiakiさんこと大野史暁さん。右は、同社の福田祐一郎社長。

    ZMPとZMP関連銘柄を語る TECH INSIDER 【アマゾンの自動運転「DeepRacerリーグ」で日本人が“圧

  • >>26837

    ⬆朝日さんに「異変」
    >ターゲットを50代以上に絞る…ぷ
    【24時間戦うより「人生100年応援」 リゲインに何が】
    江口英佑
    2019/12/8 9:05
    有料記事
     「24時間、戦エマスカ。」
     聞きなじみのある方も多いのではないだろうか。バブル景気まっただ中、平成に改元した1989年、三共(現・第一三共ヘルスケア)のドリンク剤「リゲイン」のCMのキャッチコピーである。あれから30年。令和の時代のリゲインは白い錠剤になり、コンセプトは「人生100年時代を応援する」に。何があったのか。
     第一三共ヘルスケアが2月に新発売した「リゲイン トリプルフォース」は、1袋60錠入りで税抜き4200円。シリーズで初めて、50代以上を主要顧客にすえた。
     パッケージは白が基調で、かつて一世を風靡(ふうび)した「リゲイン」の黄色のパッケージのパワフルな印象からはほど遠い。
     商品企画担当の杉山大二朗さん(38)は「高齢化が進み、『24時間、戦えますか?』より、人生100年時代を応援したい。錠剤にしたのは毎日飲み続けてほしいからです」と語る。
     ターゲットを50代以上に絞ったのにも狙いがある。
     若い頃、栄養ドリンクをよく飲…
    残り:735文字/全文:1147文字
    無料登録して全文を読む

    ZMPとZMP関連銘柄を語る ⬆朝日さんに「異変」 >ターゲットを50代以上に絞る…ぷ 【24時間戦うより「人生10

  • >>26887

    ⬆これはまずい
    市況かぶ全力2階建
    【富士通、渦中の富士通リースは当社でなく東京センチュリーの子会社と冷たく突き放す】
    コメント8
    >へべれけ
    IT業界に激震が走った日だった。
    神奈川県庁のデータを流出させた「ブロードリンク」社との取引がないか、徹底的に洗い出して部門報告を即日行うよう指示が出て、長時間対応に追われた。
    小遣い稼ぎ目当ての小悪党のせいで、日本全国でどれだけのSEが無駄な残業をさせられたことか。
    1:17 - 2019年12月7日
    >Tenty
    個人情報流出で問題となっているブロードリンク。「当社従業員による不正行為について」というお詫び文書を出しているが、機密情報を扱う業務にありながら、従業員の不正行為がそのまま通ってしまうような杜撰な管理が何より問題なわけで。
    21:01 - 2019年12月6日
    >Sakazaki Motohiko 坂﨑基彦
    神奈川県庁のデータが詰まったHDDヤフオクに出してた容疑者の出品履歴、みごとにHDDやSSDだらけでどう考えても余罪多数
    ヤフオク! - ajaxdemeerさんの評価一覧
    12:20 - 2019年12月8日
    >朝日新聞社会部✔
    容疑者のHDD出品、入社後急増 落札総額1200万円:朝日新聞デジタル
    20:45 - 2019年12月7日
    >98
    そういや神奈川県庁のHDD転売問題で出てきた富士通リースという会社、実は東京センチュリーというリース会社が80%, 富士通が20%出資してて、富士通から見るとグループ会社扱いではあるけれど持分法適用会社(関連会社)だったりする。でもそんな事情知らない世間は富士通の子会社と思ってるだろうなあ。
    20:37 - 2019年12月6日
    >たっちゃん
    とは言っても、富士通が20%出資で、東京センチュリー株式会社の80%に次ぐ大株主で、会社概要にも株主としてしっかりと富士通株式会社と記載されてるし、メリットがあるからの「富士通」の看板使ってるのは、間違いないかと。
    19:24 - 2019年12月8日
    >遠藤
    富士通リース、今現在は富士通グループじゃないんだけどロゴは富士通のままだしドメインも富士通サブドメインそのまま。
    そんで公式サイトのトップがこれなのでグループ会社と思われるのはやむなし
    0:41 - 2019年12月9日

    ZMPとZMP関連銘柄を語る ⬆これはまずい 市況かぶ全力2階建 【富士通、渦中の富士通リースは当社でなく東京センチュリーの子会社

  • >>26944

    ⬆デモのグレタさん
    ニュース速報+
    【グレタ・トゥーンベリ的な言い方では、世界の人々は動きません】
    説得よりも大事なのは「希望やメリット」
    >0001 みつを ★
    2019/12/09 02:20:14
    スウェーデンの環境活動家であるグレタ・トゥーンベリ(16)も参加予定の、「COP25(第25回気候変動枠組条約締約国会議)」がスペイン・マドリードで開催中だ。
    トゥーンベリは今回はどんなメッセージを発するだろうか? 「大人たち」に対するその激しい糾弾口調は世界中で賛否両論を呼び起こしているが、はたしてそのような言い方は「効果的」なのか? フランスメディア「レクスプレス」編集長が専門家に取材しつつ、代案を示す。
    グレタが抱かせる「後ろめたさ」
    「後ろめたさ」──それが、環境問題についてグレタ・トゥーンベリが世界中の指導者たちに抱かせた感情だ。(以下略)
    ▼コメント
    >0002 名無しさん
    2019/12/09 02:21:14
    金だよ
    >0003 名無しさん
    2019/12/09 02:21:45
    東側の最新アイコン
    >0004 名無しさん
    2019/12/09 02:22:18
    >エセ環境活動家に必要なのは文明を棄てること
    >0005 名無しさん
    2019/12/09 02:22:29
    そのヨットを作るのにどんだけ石油燃やしたか分かってんのか?ネット会議でやれよ
    >0007 名無しさん
    2019/12/09 02:25:10
    絶滅する時はどんな努力をしようが絶滅すっから
    人間ごときが何かできると思ってるのが烏滸がましい
    >0008 名無しさん
    2019/12/09 02:25:20
    まさにパヨクのアイドル
    >0012 名無しさん
    2019/12/09 02:29:12
    まあ裏で操っている奴らの思惑は「お前たちこんな少女にそんなこと言わせているんだぞ恥ずかしくないのか?」だろうがな。
    >0013 名無しさん
    2019/12/09 02:30:16
    >>1
    いや期待しすぎ
    ただの子供なんだからギャーギャーとわがままを言うだけなのを責めることはできないよ
    「意見」だと思うから期待してしまう
    「子供のわがまま」とはそんなものだと思えばよい

  • >>26947

    東アジアnews+
    【約5億4000万円】ミサイルの危機に国民を怯えさせながら「北に金を出す経済的余裕」は韓国にあるのか?[12/8]
    >0001 右大臣・大ちゃん之弼 ★
    2019/12/08 23:24:05
    2019年12月6日、韓国統一省は、WHO(世界保健機関)が、北朝鮮に行う母子保健事業に、約5億4000万円支援することを発表した。
     実は今年6月、韓国が国際機関を通して、北朝鮮に5万トンの米を支援しようとしたが断られた経緯がある。北朝鮮は、文在寅政権との対話を一切拒否している状態だ。
    しかし、WHOという世界に有名な機関を通してなら、また現金ならば受け取ってもらえるだろうと、文政権は考えたのだろう。それによって起死回生、名誉挽回するつもりの体がある。
    (中略)
     WHOを介した支援とは別に、政府傘下の国際保健医療財団の児童・障がい者支援事業の再開も決めたが、北朝鮮が素直に受け入れるかは「謎」だ。
     北朝鮮がミサイル発射を繰り返している。この費用に、支援金が使われるので、出さなくてもいいと言う韓国国民の声は多い。北朝鮮に恵むならば、自国の貧困層に割り当てろとも言われている。
     ミサイルの危機に国民を怯えさせながら、支援する目的は、同胞だからというのなら、決定事由としては、薄すぎる。
    【編集:MB】
    -Global News Asia- 2019年12月8日 9時15分
    ▼コメント
    >0002
    2019/12/08 23:25:01
    日本でもドラえもん募金が北に流用されたって例があったな
    >0003
    2019/12/08 23:26:16
    北も南も恫喝しか能がないんだな
    >0004
    2019/12/08 23:26:57
    朝鮮半島統一の為に南北の経済格差を小さくしようと文大統領は頑張っているんだ。
    文句言うなよw
    >0005
    2019/12/08 23:27:49
    >>1
    人道主義という名の裏切り行為。
    その金をなぜ、自国民に使わないのだろうか?

  • 【北朝鮮の重大実験 日本政府「弾道ミサイル関連か」 警戒万全に】
    2019年12月9日 4時16分
    NHKweb
    北朝鮮が8日、「衛星発射場で非常に重大な実験を行った」とする談話を発表したことについて、政府は、弾道ミサイルに関連した実験が行われたとみて分析を進め、さらに挑発的な行動を取ることもありえるとして、警戒監視に万全を期すことにしています。
    北朝鮮の国防科学院は8日、「衛星発射場で非常に重大な実験を行った」とする談話を発表しました。
    政府は、この発射場で以前、事実上の長距離弾道ミサイルの発射や、ミサイル用のエンジンの実験なども行われていることから弾道ミサイルに関連した実験が行われたとみて分析を進めています。
    防衛省幹部は「長距離弾道ミサイルの射程を、さらに伸ばすための実験の可能性もある」としたうえで、北朝鮮が、アメリカとの非核化交渉をめぐって、アメリカ側を揺さぶるねらいもあったのではないかという見方を示しています。
    政府は、北朝鮮が年末までに打開策を示すよう、アメリカ側に求めるとともに、対抗措置をとる可能性を示唆していることから、新たなミサイルの発射など、さらに挑発的な行動を取ることもありえるとして、警戒監視に万全を期すことにしています。

  • >>26898

    ⬆アフガンを愛した日本人
    【「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる】
    12/8(日) 22:06配信
     アフガニスタンで殺害された医師の中村哲さん(73)の遺体が到着した成田空港(千葉県成田市)のロビーに8日、在日アフガン人約60人が「感謝と謝罪の気持ちを伝えたい」と花束や中村さんの写真を手に集まり、死を悼んだ。
     在日アフガン人たちは直接、中村さんを見送れなかったものの、空港の駐機場でひつぎに黙とうをささげたバシール・モハバット駐日大使から状況を聞いた。日本に住んで約20年になる茨城県坂東市の自動車関連業、メンザイ・サレ・ムハマドさん(48)は「私たちは中村先生の命を守れなかった。遺族と日本人に申し訳ない。ごめんなさい」と語り、「先生のおかげで多くのアフガン人が助けられた。先生みたいな人はいない」と感謝の思いを繰り返した。
     モハバット大使は取材に、「守れなくて、こういう結果になって残念で、お悔やみ申し上げます。アフガン人はみんな中村先生のことを愛していたのでみんな泣いている。アフガン人それぞれの心に英雄として永遠に残るでしょう」と話した。【中村宰和】

  • >>26869

    ⬆中国による「静かなる侵略」
    >韓国による・・・
    【対馬「韓国化」なお 訪日客激減でも土地買収止まらず】
    2019.12.8
    産経新聞
     国境の島・対馬(長崎県対馬市)で韓国資本による不動産買収が続いている。いわゆる徴用工訴訟に端を発した日韓対立は韓国人訪日客が大幅に落ち込むなど観光分野にまで飛び火。対馬も韓国人観光客が激減し、地元経済は打撃を受けているという。だが、対馬を歩くと、韓国資本が観光客とは別の動きをみせていた。(編集委員 宮本雅史)
     ■観光バスが消えた
     手元に1枚のチラシがある。《対馬の土地、住宅をお譲りください!! “対馬(厳原、峰、豊玉、比田勝等)で土地・住宅を探しています”…高く買い取ります》。氏名と連絡先も記されている。地元住民によると、上対馬でこの秋、韓国人らしい女性が不動産会社を設立。チラシを配り、営業を展開しているという。
    (以下略)
    こちらは有料会員記事です
    (会員サービスについて)
    新規登録して全文を読む

  • >>26943

    >「飛び恥」の朝日さん、マドリードへ飛ぶw
    【デモのグレタさん「権力者はついてこなければならない」】
    マドリード=松尾一郎
    2019/12/7 10:58 有料記事
    朝日新聞社
    【動画】グレタさん、胸中あかす「私たちは何も達成していない」=松尾一郎撮影
     スペイン・マドリードで開催中の第25回国連気候変動枠組み条約締約国会議に参加している環境活動家グレタ・トゥンベリさん(16)が6日夕、会場近くでの「気候危機デモ」に参加した。グレタさんの学校ストに触発された若者組織「フライデーズ・フォー・フューチャー」の多くのメンバーが参加した。
     現地報道によると、デモには政府情報で1万5千人、主催者発表で約50万人が参加。グレタさんはデモのゴール地点のステージから「権力を持つ人々は私たちについてこなければならない。彼らは果たすべき仕事をしなければならない」と述べた。
     デモには日本からの参加者もい…
    残り:381文字/全文:636文字
    無料登録して全文を読む

  • >>26940

    ⬆水清ければ魚棲まず
    >朝日(AERA)さん「飛び恥」をさらす?!…ぷ
    【「『飛び恥』の時代の悩ましい現実と私たちにできること」】
    小島慶子
    2019.12.7 11:30
    *  *  *
     オックスフォード大学出版局が選んだ2019年を象徴する言葉は「気候非常事態」だそうです。私も今年は地球環境についてずいぶん考えました。地球温暖化による旱魃(かんばつ)や台風などの異常気象に加え、プラスチックの問題も深刻です。極地の空気や深海の海底からもマイクロプラスチックが見つかり、海洋プラスチックゴミが生態系に深刻な影響を与えていることが繰り返し報じられました。死後はシロナガスクジラに転生を希望している身としては、来世の自分のために今生で行動しなければと切実に思います。
     しかし、自力でできることのなんと少ないことか。レジ袋断ちをしてプラスチックを減らそうにも身の回りのあらゆるものに使用されているし、温室効果ガスの排出量を減らそうとしてもこれまた触れるもの全てが生産過程で大量のCO2を排出しています。子どもたちや若者が中心となって世界中で数十万人規模の気候変動デモが行われていますが、これも気候危機対策は政府や産業界の積極的な取り組みなしではどうにもならないからです。
     今ヨーロッパでは、列車で行ける距離を飛行機で飛ぶのは恥ずべきことだと言われています。そんな「飛び恥」ブームは当然ながら飛行機が膨大なCO2を排出するからなのですが、欧州のように地続きの旅ができるならともかく、私は家族に会うためには飛行機に乗る以外ありません。グレタ・トゥンベリさんのようにヨットで海を渡るのは不可能だからです。今後は安易な空の旅を抑制するように課税などの施策がされるのかもしれませんが、環境負荷の低いジェット燃料や低燃費の機材開発への投資も重要です。
     飛行機に乗るたびに重く胸をふさぐこの後ろめたさを抱えて、来年も日本と豪州、南北8千キロを行き来することになるのでしょう。実に罪深く、悩ましい年の瀬です。
    ※AERA 2019年12月9日号

  • >>26941

    ⬆水清ければ魚棲まず
    >不買は文化だったはず…
    【韓国からゴルフ客続々 LCC宮崎―ソウル線再開】
    12/8(日) 12:05配信
     日韓関係が悪化する中、休止していた韓国の格安航空会社(LCC)イースター航空の宮崎―ソウル線の運航が2カ月半ぶりに再開した。全国の地方空港が韓国路線の運休・減便の長期化に頭を抱える中、宮崎市の宮崎ブーゲンビリア空港には再開初日から大勢の韓国人客が到着。そのほとんどが向かった先はゴルフ場だった。冷め切った外交関係に反して、温暖な本県のゴルフ環境は韓国路線に”フォロー(追い風)”を吹かせているようだ。
    宮崎日日新聞

  • >>26940

    ⬆水清ければ魚棲まず…ぷ
    >共に「日本」民主党
    【野党の合流「理念や政策の堅持が前提」立民 枝野代表】
    2019年12月8日 19時47分
    NHKweb
    国民民主党などに合流を呼びかけたことについて、立憲民主党の枝野代表は、合流にあたっては党の理念や政策を堅持することが前提だという考えを示しました。
    立憲民主党の枝野代表は、野党勢力を結集し、政権交代可能な政党を作るため、6日、国民民主、社民両党の党首らに合流を呼びかけました。
    これについて、枝野氏は、京都市で記者団に対し、「党の理念や政策を貫かなければ、立憲民主党自体が成り立たなくなり、野党がまとまるも何もない」と述べ、合流にあたっては党の理念や政策を堅持することが前提だという考えを示しました。
    そのうえで、国民民主党の玉木代表が、合流後の党名や政策などを対等な立場で協議したいとしていることについて、「会派を合流させたときに合意した内容の範囲で相談には応じる」と述べました。
    一方、安倍内閣に対する不信任決議案について、枝野氏は、「先週、党首会談を行った以降は、国会対策委員長に対応を任せているが、何らかの報告や相談はない」と述べました。
    あわせて読みたい
    【国民 玉木代表 「合流 丁寧に党内の議論進めたい」】
    12月7日 18時54分
    【野党合流へ 具体的な調整進められる見通し】
    12月7日 5時14分

  • >水清ければ魚棲まず
    【瀬戸内海「きれい過ぎ」ダメ? 「豊かな海」目指し水質管理に新基準】
    12/8(日) 16:00
    神戸新聞NEXT
     兵庫県は瀬戸内海の海水について「きれい過ぎてはダメ」と、水質管理に新たな基準を設けました。これまで「きれいな海」を目指して規制してきた海水中の窒素濃度について下限値を設け、下水処理場の水質基準も見直します。「豊かな海」を目指すそうですが、どういうことなのでしょう? (山路 進)
    ■高度成長期 排水による汚染改善向け法律や規制
     高度成長期、阪神や播磨の工業地帯が栄えた一方、工場や家庭の排水で川や海の水は濁り、水をきれいにする法律や規制ができました。
     瀬戸内海では植物プランクトンが大量発生し、赤潮が頻発。海の酸素を消費し、浜辺にたくさんの死んだ魚が打ち上げられました。
     近畿や中四国、九州の沿岸自治体は瀬戸内海をきれいにするよう求め、1973年に瀬戸内海環境保全臨時措置法が、78年には同保全特別措置法(瀬戸内法)が制定。プランクトンの栄養が増え過ぎた「富栄養化」解消に向け、「栄養塩」とされる窒素やリンの濃度も規制されました。
     排水処理技術の向上や下水道の普及もあり、海への窒素やリンの供給はどんどん減少。窒素やリン、水の汚れを表す指標、化学的酸素要求量(COD)は低下し、多い年には120件に迫った赤潮の発生は年約20件にまで減りました。
    ■海水浄化 漁獲量に異変
     ところが瀬戸内の漁業に異変が。年7万~8万トンほどあった漁獲量(養殖業を除く)が96年以降は6万トン台に減り、質、量とも全国屈指の養殖ノリが色落ちするように。窒素やリンは農作物肥料の主成分で海藻や植物プランクトンの栄養です。それを食べる小魚、大魚と連なる生態系に異常が起きていると指摘され始めました。
     沿岸自治体を中心に対策を求める声は高まり、2015年には国会の議員立法で改正瀬戸内法が成立。美しさを求めるだけでなく「豊かで美しい海」を目指す政策へと転換されました。
     海底を土砂でかさ上げし、岩を沈めて魚介のすみかや産卵場をつくるなどし、陸でもため池の水を抜き、海に栄養素を供給する「かいぼり」が復活。栄養豊かな池の水を海に届ける活動が広がりつつあります。
     しかし、兵庫県沿岸の瀬戸内海の漁獲量は4万トン前後と回復しません。(以下略)

  • >>24133

    ⬆AutoX
    >チャレンジャーあらわる
    【アリババ出資の香港企業、自動運転で他社追い抜く?】
    グーグルのウェイモに対する初の挑戦者
    2019.12.6(金)
    小久保 重信
     ロイター通信によると、中国のアリババ集団などから出資を受けている自動運転開発会社の「オートX(AutoX)」が、米カリフォルニア州でセイフティードライバーが乗車しない公道試験走行の免許を申請したという。
    オペレーターが遠隔で運転を監視
     自動運転の試験走行は通常、ソフトウエアが何らかの異常を検知したり、運転席に座っているセイフティードライバーが不具合に気づいたりしたときに、マニュアルに切り替える。しかし、オートXの車両では、その役割を遠隔のオペレーターが担うという。
     オートXは2016年に設立された、香港とシリコンバレーに拠点を置く企業。ロイターによると、これまでに中国の東風汽車集団やアリババ集団などから1億4300万ドル(約155億円)の出資を受けている。
     同社はドライバーなしの配達車や「ロボ・タクシー」とも呼ばれる無人配車サービス用の車両を開発しており、深センや上海、カリフォルニア州サンノゼで試験走行を実施しているという。
    グーグル系のウェイモに次ぐ自動運転開発企業に
     もし、今回申請した免許が交付されれば、オートXは米グーグル系の米ウェイモに次ぐ自動運転開発企業となり、ウェイモに対する初の挑戦者になるとロイターは伝えている。
     ウェイモのジョン・クラシク最高経営責任者(CEO)は今年(2019年)10月、セイフティードライバーが乗車しない配車サービスを米アリゾナ州のフェニックスで始めたことを明らかにした。(以下略)

  • 【機械学習による自動運転レース「AWS DeepRacer League」日本人優勝】
    後藤大地
    2019/12/08 15:03
    日本1、2フィニッシュおめでとう!! AWS DeepRacer League 2019
    12月2日から6日(米国時間)にかけて開催されたAmazon Web Services(AWS) の年次イベント「AWS re:Invent 2019」最終日の基調講演は、機械学習を活用して自走する車のレース「AWS DeepRacer League 2019」のリーグ戦の最終決戦からスタートした。ファイナリストはリーグ戦に勝ち残ってきた3名。うち2名は日本からの参加だ。
    そして見事、日本が1、2フィニッシュという成果を挙げた。1位はDNPデジタルソリューションズの瀧下初香氏、2位も同じくDNPデジタルソリューションズの大野史暁氏だ。おめでとう!
    1位から3位までのラップタイムは次のとおり。
    順位 ラップタイム
    1 10.23
    2 11.06
    3 12.15
    日本人が1、2フィニッシュ
    DNPデジタルソリューションズでは社内で機械学習や強化学習の勉強を目的としてDeepRacerを使った勉強会のようなものが開催されており、週に数回の取り組みや社内外の関係者を集めてのレースの開催などを重ね、今回の結果につながったとしている。1位を獲得した瀧下氏は、とにかくコースを確実に走り切るように速度を調整したとしており、学習環境と同じ速度を保てたことが着実にラップを重ねる成果につながったと見られる。(以下略)
    ⬇AWS DeepRacer League 2019ファイナリスト

    ZMPとZMP関連銘柄を語る 【機械学習による自動運転レース「AWS DeepRacer League」日本人優勝】 後藤大地 2

読み込みエラーが発生しました

再読み込み