ここから本文です
現在位置:
  • <<
  • 22050 22028
  • >>
  • >>22041

    ⬆中国製EVバス
    左ハンドルなのは許容でも、昇降口が右側のままなのは、社長さんのお考えでしょうか?…ぷ

  • 【北斎代表作、5千万円超で落札…予想の4倍以上】
    5 時間前
     【ニューヨーク=橋本潤也】江戸時代の浮世絵師、葛飾北斎(1760~1849年)の版画作品が19日、ニューヨークで競売にかけられ、代表作「富嶽三十六景」の「凱風がいふう快晴」と「神奈川沖浪裏」が、いずれも5000万円超の高額で落札された。落札者は明らかにされていないが、いずれも競売前の予想落札額を大きく上回り、北斎作品の人気を改めて示した。
     競売会社クリスティーズによると、朝焼けに照らされ、赤く色づく富士山が印象的な「凱風快晴」は50万7000ドル(約5648万円)、巨大な波と遠景の富士を描いた「神奈川沖浪裏」は47万1000ドル(約5247万円)でそれぞれ落札された。「凱風快晴」は事前に12万ドル(約1337万円)程度と予想されていたが、4倍以上の額となった。この日は、歌川広重らの浮世絵や仏像など、計163点が競売にかけられた。

    ZMPとZMP関連銘柄を語る 【北斎代表作、5千万円超で落札…予想の4倍以上】 5 時間前  【ニューヨーク=橋本潤

  • >>22005

    ⬆幸せ回路
    >もはや「国難」
    【自由韓国党「日本がいくら憎くてもやむなく我々の隣人で、世界3大強国である。日本を見下す事が、我が国にどれほどの損害を及ぼすのか本当に分からないのか」】
    2019/03/20 12:44 コメント(219)
    >1:ハニィみるく
    2019/03/20(水) 09:59:42
    自由韓国党のチョン・ユソプ(鄭有燮)院内部代表は19日、院内対策会議で民主平和党のチョン・ドンヨン( 鄭東泳)代表がナ・ギョンウォン(羅卿ウォン)自由韓国党院内代表に向けて『土着倭寇』という表現を使った事について、「驚愕を禁じえない。韓日間の現在の訪問者がいかほどなのか知っているのか、1千万人以上だ」と述べた。
    チョン院内部代表は、「日本がいくら憎くてもやむなく我々の隣人で、世界3大強国である。 国内政治のために日本を見下す事が、我が国にどれほどの損害を及ぼすのか本当に分からないのか。大統領や国会議長、党代表も事あるごとに反日発言だ。内面はスッキリするかも知れないが、そのような発言で死ぬのは国民だ」とし、反日発言をするなと声を荒げた。
    (中略)
    彼は、「日本は我々よりも強い国である。悔しかったら彼らよりも良い暮らしをしなければならない。それが我々の先烈が教えた事だ」と言いながら、日本が我々よりも強い国だと声を荒げた。
    彼はさらに、「日本には我々に見方をする日本人も多い。これらがもっと増え、韓国を訪問する人がもっと増え、韓国を訪問したくないう人がもっと増えるように、指導者があまりにも容易にいつでも反日感情を表に出さないで欲しい。それが国民を助ける事だ」とし、繰り返し反日発言をしないよう求めた。
    >3:2019/03/20(水) 10:01:32
    >日本がいくら憎くてもやむなく我々の隣人で
    悔しいニダ妬むニダ恨むニダ!がにじみ出てますなw
    >8:
    2019/03/20(水) 10:02:38
    用日派は消えてもらわんと
    >10:
    2019/03/20(水) 10:03:19
    お前も日本見下してるやん
    >35:
    2019/03/20(水) 10:13:50
    >>10
    相手の立場に立って聴くとどう思うかを考え発言出来ない民族だからね
    >189:
    2019/03/20(水) 11:01:58
    >>10
    内面で見くだしてもいいが、表に出すなということでっしゃろw

  • 【実証実験】

    「丸紅」と自動運転技術の開発など行う東京の企業が進めるwwwww

  • >>22031

    ⬆中国ANKAI社製
    >判明…ぷ
    【中部空港、連絡バスの自動運転実験 道路改良せず制限区域走行】
    3/20(水) 9:21配信
     中部空港(セントレア)で3月19日、制限区域内での自動運転の実証実験が行われた。10人乗りの電気バスを使い、国際線のバスラウンジから駐機場へ乗客を運ぶことを想定し、往復約2キロを最高速度約25キロで走った。
     国土交通省航空局(JCAB)では、空港のグランドハンドリング業務の人手不足対策として、2018年6月に空港の制限区域内での自動走行実験の公募を開始。9月に選ばれた8グループの企業により、羽田と成田、中部、仙台の4空港で運転席に運転手が座る「自動運転レベル3」の実証実験が12月からスタートし、中部は4番目となった。
     中部での実験は、丸紅(8002)と自動運転やロボット技術を手掛けるZMP(東京都文京区)の合弁会社であるAIRO(東京都中央区)が、18日から20日までの3日間実施。AIROには丸紅(8002)が66%、ZMPが34%出資しており、ZMPが開発したバスタイプの自動運転電気自動車「RoboCar Mini EV Bus」を使用する。
     Mini EV Busは、中国ANKAI社製の電気バスをベースに開発。ZMPの自動運転車両は、道路には一切手を加えず、車両のみで自動運転を実現する「車両自律型」であることが特徴で、GPSや車体に5つ装備したLIDAR(ライダー)のセンサーから走行位置を割り出し、事前に記憶させた地図やルートに従って走る。緊急時には、運転手がハンドルやブレーキなどを操作すると、自動走行から手動走行に切り替わる。
     ZMP取締役の市橋徹氏は「空港は子供の飛び出しなどもなく、車両を運転しているのもプロのドライバーなので、実用化はしやすいのではないか」と語った。
     AIROは、成田空港でもミニバンタイプの車両を使い、貨物機のパイロットを駐機場から20分ほど離れたターミナルへ送迎する実証実験も1月に実施。今後は、貨物コンテナを積んだ「ドーリー」をけん引する、トーイングトラクターの自動運転化も検討するという。
     JCABでは、2020年の実用化に向けて実証実験の成果などを検証していく。

  • 【タクシー運賃、乗車前に確定 年内にも新サービス】
    2019年3月19日 18:00
    国土交通省はタクシー運賃のルールを見直し、乗車前に運賃を確定するサービスを全国で解禁する。車を降りるまで運賃が分からないことに対する乗客の不安を解消し、利便性を高める狙い。タクシー利用者の裾野を広げ、訪日外国人客も安心して乗れるようにする。4月をめどに道路運送法上のルールを改正する。ただデジタル時代の交通サービスの革新を進めるには一段の規制緩和も欠かせない。(以下略)

  • >>21924

    >俺らのメルカリ…ぷ
    市況かぶ全力2階建
    【ZOZO前澤友作いよいよ金欠か、コレクションの絵画が売りに出る】
    コメント13
    >いきうめ
    前澤友作氏がサザビーズ香港でコレクションを一部手放す模様。
    14:28 - 2019年3月19日
    >SAM.jp
    ZOZO売りの背景。
    前澤氏の担保割れと売りを誘発させる狙いがあると見る。担保株は持ち株約1億株の9割と見られ100億円とも言われる自宅や高級品の購入に充てられている。また月旅行の前金も数百億円と見られ手元現金はほぼ無いと見られる。担保割れによる売却が発生すれば雪崩が起きる可能性がある。
    23:08 - 2019年3月19日
    >kaoruww
    資産は持ってても手元にキャッシュがないという状況はあり得るからなあ。
    0:22 - 2019年3月20日
    >野村 純
    前澤友作のサザビーズは俺らのメルカリみたいなもんやけんね…
    21:13 - 2019年3月19日

    ZMPとZMP関連銘柄を語る >俺らのメルカリ…ぷ 市況かぶ全力2階建 【ZOZO前澤友作いよいよ金欠か、コレクショ

  • 【トランプ大統領曰く「自動運転車はクレイジー」、米国運輸省の立場とは正反対】
    2019年3月19日 by Kirsten Korosec
    ドナルド・トランプ大統領は自動運転車に懐疑的だ。これは自身の政権、なかでも米国運輸省とは対照的な立場である。
    Axiosの最新スクープによると、トランプ大統領は自動運転車革命は「クレイジー」と考えていると非公式に話した。トランプ氏の考えは必ずしも驚きではない。飛行機が複雑になりすぎているという最近のツイートは、彼のラッダイト(技術革新反対者)傾向を示している。
    興味深いのは大統領と運輸省の視点の違いだ。
    つい先週テキサス州オースチンで行われたSXSWで、運輸省のイレーン・チャオ長官は非伝統的新興輸送技術委員会(NETT)の設立を発表した。新しいテクノロジーの導入を阻害する可能性のある法律や規制の隙間を埋めることを目的とした内部組織で、トンネル、ハイパーループ、自動運転車などによるイノベーションを対象としている。
    「新しい技術は複数の輸送手段にまたがるものが増えてきているため、複合的に応用可能な革新技術を見渡す内部委員会を作るよう指示した」とチャオ委員長が声明文で語った。
    一方、その他の自動運転車関連法案も、さまざまな検討段階にある。(中略)
    平行する両視点はまだ衝突していない。自動運転技術に対するトランプの個人的見解が運輸省の政策に影響を与えているという証拠はない。もちろん与えていないという意味でもない。
    自動運転業界は不測の事態に備えて、大衆(そしてトランプ)を徐々に啓蒙しようとしている。 Partners for Automated Vehicle Education (PAVE、自動運転車啓蒙組織)はその一つだ。PAVEは、自動運転車と利害関係にある自動車メーカーおよびIT企業らが資金を出し合って1月に設立された。Audi、Aurora、Cruise、GM、Mobileye、Nvidia、トヨタ、Waymo、Zooxらが参加して、自動運転車の最新技術について情報を広めている。彼らのメッセージは次のとおり。「このテクノロジーは輸送手段を変革し、より安全、より持続可能にすることができる」。(以下略)

  • >野村に聞いてみよう
    市況かぶ全力2階建
    【野村證券、社員2人が大麻でキメてしまい逮捕】
    コメント27
    >和田 耕太郎
    ちょ、おま、僕が住んでた南行徳の明生寮やん。何やってんだよ…。
    社員寮で大麻所持の疑い、野村証券社員の男2人を逮捕
    14:24 - 2019年3月19日
    >居残り佐平次
    それ、野村でキメてみよう
    17:24 - 2019年3月19日

    ZMPとZMP関連銘柄を語る >野村に聞いてみよう 市況かぶ全力2階建 【野村證券、社員2人が大麻でキメてしまい逮捕】 コメント2

  • >>21818

    ⬆パクリ疑惑…
    >名指しされてしまう
    【自動運転センサー「LiDAR」開発過熱 偽物騒動も】
    2019年3月20日 6:30
    日経クロステック
    「あなたの安全のために、『偽物』を受け入れてはならない(When it comes to your safety, accept no imitations.)」――。穏やかではない文言が、展示ブースの壁面いっぱいに記されていた。2019年1月に米ラスベガスで開催された家電・技術見本市「CES」での出来事だ。英語だけでなく、中国語でも同様のメッセージを併記したところに意味がある。
    「偽物」は中国企業か
    怒りを表明したのは、自動運転用3次元レーザーレーダー「LiDAR(ライダー)」を手掛ける米ベロダイン・ライダー。LiDARは、ミリ波レーダーとカメラに次ぐ第3のセンサーとして自動運転車への採用が見込まれる。同社のLiDARは、10年代前半に米グーグルやトヨタ自動車などの自動運転車に採用されて実績を積み上げてきた。
    LiDAR業界大手のベロダインの背中を追うようにスタートアップを中心に様々な製品が登場しつつあるなかで、今回の出来事は起こった。LiDARの開発競争が過熱する様子が表面化した格好だ。
    ベロダインは「偽物」を名指ししないが、業界関係者の話を総合すると、中国のロボセンスを強く意識していることが分かった。両社のLiDARは外観が非常に似ているだけでなく、レーザー光を車両の周囲にスキャン(走査)する回転機構など「部品配置やメカニズムに共通点が多い」(LiDARに詳しい技術者)という。量産化ではベロダインが先行している。
    ロボセンスは中国・深圳に本社を置くLiDARのスタートアップ。中国・ハルビン工業大学の博士らが14年に設立した。自動運転車や自動走行ロボットなどにLiDARを供給している。例えば中国のインターネット通販大手である京東集団(JDドットコム)は、同社が開発した地上配送ロボットにロボセンスのLiDARを搭載して中国で実証実験を進めている。
    LiDARの開発競争で火花が散るのは、低コスト化や検知範囲の拡大の余地が大きいからだ。将来の自動運転市場に向けて、各社はアピール合戦を繰り広げる。(以下略)

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • >>20791

    ⬆「疑惑」、こらえきれず
    【スポーツ界「自立」とはほど遠く 竹田恒和氏はいつしか「裸の王様」に】
    産経新聞
     日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長が19日、退任を表明した。2020年東京五輪の招致疑惑で正式にフランス司法当局の捜査対象となり、開幕まで500日を切った大会のイメージ低下を懸念する声が国際オリンピック委員会(IOC)をはじめ、大会関係者からも高まったことで、既定路線だった会長職を続けられなくなった格好だ。ただ、18年以上にわたってJOC会長を務めてきた竹田氏がここまで追い込まれた裏には、「自立」とは名ばかりのJOC、ひいてはスポーツ界全体が抱える問題も見え隠れする。(以下略)

    ZMPとZMP関連銘柄を語る ⬆「疑惑」、こらえきれず 【スポーツ界「自立」とはほど遠く 竹田恒和氏はいつしか「裸の王様」に】 産

  • >>22023

    【丸紅、空港車両を自動運転 2020年実用化目指し実験】
     丸紅は空港内の車両の自動運転サービスに乗り出す。先端技術ベンチャーと共同出資の新会社を設立。中部空港(愛知県常滑市)で実証実験を始めた。2020年の実用化を目指す。
     新会社「AIRO」は丸紅が66%、自動運転技術を開発中のZMP(東京)が34%を出資して昨年12月に設立した。空港では人が急に飛び出すといった心配がなく、自動運転が導入しやすいとされる。衛星利用測位システム(GPS)やレーザーなどを使って周囲の状況を把握するシステムを構築。電動化したバスなどの車両を使い、乗客や荷物を運ぶ。
     中部空港での実証試験が19日に報道陣に公開された。自動運転バスが国際線の乗車口から駐機場近くの降り場まで往復約2キロを走行。運転手は万一に備えて運転席に座り、ハンドルの操作具合などを確認した。
    ⬇ZMP社のアナウンスなし、市橋取締役…ぷ

    ZMPとZMP関連銘柄を語る 【丸紅、空港車両を自動運転 2020年実用化目指し実験】  丸紅は空港内の車両の自動運転サービスに乗

  • >>19282

    ⬆単独トップ
    【ブラジルが日本やアメリカなど4カ国民のビザ免除へ 6月17日から】
    2019年3月19日 17時37分
    ざっくり言うと
    ・ブラジル政府は18日、4カ国の国民に観光などのビザを免除すると発表した
    ・対象となる4カ国は、日本、アメリカ、カナダ、オーストラリア
    ・6月17日から観光などが目的の場合、ビザなしで90日以内の滞在が認められる
    【日米豪など「ビザ免除」ブラジル6月17日から】
    読売新聞オンライン
     【リオデジャネイロ=田口直樹】ブラジル政府は18日、日本、米国、カナダ、豪州の4か国の国民に対し、観光や商用などの査証(ビザ)を免除すると発表した。
     外国人観光客らの入国を促進し、経済活性化につなげる狙いがある。
     6月17日から観光や商業、芸術、スポーツ活動などが目的の場合、査証なしで90日以内の滞在が認められる。アントニオ観光相は「観光業が雇用や収入の創出を通じて国の経済成長に貢献するための条件が整った」と語った。

  • <<
  • 22050 22028
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順