<重要なお知らせ>掲示板の利用規約について
この度、Yahoo!ファイナンス掲示板の利用規約を改訂いたしましたのでお知らせいたします。
主な修正点として、各禁止事項における詳細説明及び禁止投稿例を追加しました。
規約はこちら→【掲示板】禁止行為、投稿に注意が必要な内容について

【改めてご確認ください】
 ・他人の個人情報にくわえ、投稿者自身の個人情報も削除対象です。
 ・無関係な画像や漫画・アニメなど他人の著作物だと判断される画像は削除対象です。
 ・同様の画像がプロフィールで使用されている場合は、初期化対象です。
ここから本文です
投稿一覧に戻る

2160 ‐(株)ジーエヌアイグループの掲示板

今日のお知らせより

あらあら、ずいぶん長文になりましたわ、ゴメンアソですのょ💜

★新薬の研究開発に新たな進展があり、地元の革新的な製薬会社であるコンティーニがその「ライン」を加速させています

医療技術が日を追うごとに変化し、イノベーションのペースが加速する中、中国の新薬研究開発の分野から再び朗報がもたらされ、臓器線維症治療の分野での地元の革新的な製薬会社コンティーニのブレークスルーは、製薬業界と関連する患者の注目を集めています。

公開情報によると、同社の臓器線維症治療薬はヒドロニドン(F351)の研究開発が進んでおり、第II相臨床試験が完了したことで肝線維症を逆転させることができる状況があることがわかった。 関連薬の研究開発は、世界のギャップを埋め、大多数の患者さんに朗報をもたらすことが期待されています。

★再び市場のギャップを埋めることが期待され、臓器線維症の新薬の研究開発に新たな進展が見られました

分子ウイルス学と創薬の専門家で、コンティーニの取締役会会長であるLuo Ying氏は、世界の製薬業界では、イノベーションが開発の中核的な原動力になっていると述べています。 科学技術の絶え間ない進歩と患者の需要の高まりにより、革新的な医薬品の研究開発は前例のない機会の到来を告げています。
同氏によると、コンティーニが主導する肝線維症治療薬の研究開発に新たな進展があり、完了した第II相臨床試験で可逆的な肝線維症があることがわかったとのこと。

少し前、コンティーニ・ファーマシューティカルズは、同社の研究開発の最新の成果を紹介するために、最初の市販後記者会見を開催しました。

ゼネラルマネジャー、Ye Weiguo氏がイベントで明らかにしたところによると、現在開発中の肝線維化治療薬F351(ヒドロニドン)は同社の第2クラスの新薬であり、第II相臨床試験で良好な安全性と有効性が実証され、NMPAによって画期的治療薬として認められている。

2160 ‐(株)ジーエヌアイグループ 今日のお知らせより  あらあら、ずいぶん長文になりましたわ、ゴメンアソですのょ💜  ★新薬の研究開発に新たな進展があり、地元の革新的な製薬会社であるコンティーニがその「ライン」を加速させています  医療技術が日を追うごとに変化し、イノベーションのペースが加速する中、中国の新薬研究開発の分野から再び朗報がもたらされ、臓器線維症治療の分野での地元の革新的な製薬会社コンティーニのブレークスルーは、製薬業界と関連する患者の注目を集めています。  公開情報によると、同社の臓器線維症治療薬はヒドロニドン(F351)の研究開発が進んでおり、第II相臨床試験が完了したことで肝線維症を逆転させることができる状況があることがわかった。 関連薬の研究開発は、世界のギャップを埋め、大多数の患者さんに朗報をもたらすことが期待されています。  ★再び市場のギャップを埋めることが期待され、臓器線維症の新薬の研究開発に新たな進展が見られました  分子ウイルス学と創薬の専門家で、コンティーニの取締役会会長であるLuo Ying氏は、世界の製薬業界では、イノベーションが開発の中核的な原動力になっていると述べています。 科学技術の絶え間ない進歩と患者の需要の高まりにより、革新的な医薬品の研究開発は前例のない機会の到来を告げています。 同氏によると、コンティーニが主導する肝線維症治療薬の研究開発に新たな進展があり、完了した第II相臨床試験で可逆的な肝線維症があることがわかったとのこと。  少し前、コンティーニ・ファーマシューティカルズは、同社の研究開発の最新の成果を紹介するために、最初の市販後記者会見を開催しました。  ゼネラルマネジャー、Ye Weiguo氏がイベントで明らかにしたところによると、現在開発中の肝線維化治療薬F351(ヒドロニドン)は同社の第2クラスの新薬であり、第II相臨床試験で良好な安全性と有効性が実証され、NMPAによって画期的治療薬として認められている。