ここから本文です
革ジャンおじさんと愉快な仲間達

革ジャンおじさんと愉快な仲間達の掲示板

  • 86
  • 0
  • 2024/06/14 05:14
  • rss

掲示板のコメントはすべて投稿者の個人的な判断を表すものであり、
当社が投資の勧誘を目的としているものではありません。

  • >>85

    リスクを洗い出して検証する事は、リスクを最小化するために良い手段だと思います。

    この掲示板を有効活用して下さい。

  • 🔷エヌビディア株価上昇に不都合な情報収集を含めて、ご投稿ください🔶

    (オワタ情報の方が警戒しながら投資が続けられます、大事なこと)

    革ジャンおじさんと愉快な仲間達 🔷エヌビディア株価上昇に不都合な情報収集を含めて、ご投稿ください🔶  (オワタ情報の方が警戒しながら投資が続けられます、大事なこと)

  • 🔷エヌビディアを脅かす情報:653さんの投稿こそ、この掲示板に保存しましょう🔶

    ★引用:653*****産のご投稿
    6月13日 12:32 出典:中央日報
    世界最大の通信装備メーカーである中国のファーウェイが独自に開発した人工知能(AI)半導体の特定性能が業界トップである米エヌビディアのAI半導体に匹敵するだろうという台湾メディアの報道が出てきた。米国が中国を相手に先端AI半導体の輸出を徹底的に統制する状況で、中国インターネット企業のテンセントとバイドゥなどがファーウェイ製品を購入すればエヌビディアの中国市場でのシェアも影響を受けるものとみられる。

    中国半導体業界によると、ファーウェイが9月に発売するアップグレード版AI半導体である「昇騰(アセンド)910C」は7ナノメートル(ナノは10億分の1)プロセスを採択し、特定機能ではエヌビディアのAI用グラフィック処理装置(GPU)モデルである「H200」に匹敵すると予想された。

    これと関連して、中国半導体専門紙の芯智訊は11日、「ファーウェイの昇騰910CはエヌビディアのH200に近いコンピューティング性能を達成した。特に符号がある8ビット整数(INT8)コンピューティング性能でH200に接近する技術突破を成し遂げた」と伝えた。その上で「高速相互接続技術の側面ではファーウェイのキャッシュ一貫性システム(HCCS)がエヌビディアのNVリンクと格差が存在するが技術革新と素材開発を通じて差を減らしている」とした。
    昇騰910Cは先進的な2.5Dパッケージング技術とキャッシュメモリーを使って機械内相互連結性能もやはりさらに向上すると予想した。

    芯智訊は「生産能力でもファーウェイが世界市場の不確実性にもかかわらず、パートナー企業との協力を通じて910Cの十分な生産能力を確保した」と報道した。ファーウェイは今年910Bを40万個、910Cを数万個出荷すると予想した。2025年には910Cの出荷量が30万個前後になるとみられる。

    価格でも910Cカード一枚の価格が約20万元(約433万円)で、エヌビディアのH200より価格競争力を備えるものとみられる。

    ファーウェイのAI半導体の性能は7~9日に中国・南京で開催された2024世界半導体大会で公開された。当時ファーウェイの汪涛氏は「ファーウェイの昇騰910Bチップの効率性はエヌビディアの既存モデルであるA100の80%に到達し、特定テスト性能ではA100を20%凌駕した」と発表した。

    エヌビディアは米国の対中半導体輸出統制措置により売り上げの17%を占める中国市場向けに3つの専用半導体を準備した。そのうちH20モデルはファーウェイの昇騰910Bチップより10%以上安く策定しすでに価格戦争に入った。

    一方、エヌビディアのジェンスン・フアン最高経営責任者(CEO)は2日に台北で開かれたコンピューター見本市での講演で「H200チップのアーキテクチャー基盤であるホッパーの次のバージョンであるコード名ブラックウェルを下半期に発売するだろう」と明らかにした。彼はまた、2026年から供給するコード名「ルビン」まで公開し中国との技術格差を強調した。

    【コメント】ジェンスン・フアンCEOが台湾出身なので、中国に対する警戒心が薄いのではないかと懸念しています。米国で独禁法違反調べを受けている最中は周知の事実で、司法省がエヌビディアを担当していますが、GAFAM等関係者からの裏からの圧力もありや、今までの中国向けGPUに難癖を付けて来るかも。そろそろIT半導体関連の時価総額が世界第三位の規模ゆえに、企業防衛体制を、そろそろ革ジャンCEO一人に任せず、いらんことを喋らないように、事前対応をした方が良いかと存じます。多くの株主の資産が、CEOの要らん一言で株価急落等々で巨大リスクの引き金にならないためにもね。

    革ジャンおじさんと愉快な仲間達 🔷エヌビディアを脅かす情報:653さんの投稿こそ、この掲示板に保存しましょう🔶  ★引用:653*****産のご投稿 6月13日 12:32 出典:中央日報 世界最大の通信装備メーカーである中国のファーウェイが独自に開発した人工知能(AI)半導体の特定性能が業界トップである米エヌビディアのAI半導体に匹敵するだろうという台湾メディアの報道が出てきた。米国が中国を相手に先端AI半導体の輸出を徹底的に統制する状況で、中国インターネット企業のテンセントとバイドゥなどがファーウェイ製品を購入すればエヌビディアの中国市場でのシェアも影響を受けるものとみられる。  中国半導体業界によると、ファーウェイが9月に発売するアップグレード版AI半導体である「昇騰(アセンド)910C」は7ナノメートル(ナノは10億分の1)プロセスを採択し、特定機能ではエヌビディアのAI用グラフィック処理装置(GPU)モデルである「H200」に匹敵すると予想された。  これと関連して、中国半導体専門紙の芯智訊は11日、「ファーウェイの昇騰910CはエヌビディアのH200に近いコンピューティング性能を達成した。特に符号がある8ビット整数(INT8)コンピューティング性能でH200に接近する技術突破を成し遂げた」と伝えた。その上で「高速相互接続技術の側面ではファーウェイのキャッシュ一貫性システム(HCCS)がエヌビディアのNVリンクと格差が存在するが技術革新と素材開発を通じて差を減らしている」とした。 昇騰910Cは先進的な2.5Dパッケージング技術とキャッシュメモリーを使って機械内相互連結性能もやはりさらに向上すると予想した。  芯智訊は「生産能力でもファーウェイが世界市場の不確実性にもかかわらず、パートナー企業との協力を通じて910Cの十分な生産能力を確保した」と報道した。ファーウェイは今年910Bを40万個、910Cを数万個出荷すると予想した。2025年には910Cの出荷量が30万個前後になるとみられる。  価格でも910Cカード一枚の価格が約20万元(約433万円)で、エヌビディアのH200より価格競争力を備えるものとみられる。  ファーウェイのAI半導体の性能は7~9日に中国・南京で開催された2024世界半導体大会で公開された。当時ファーウェイの汪涛氏は「ファーウェイの昇騰910Bチップの効率性はエヌビディアの既存モデルであるA100の80%に到達し、特定テスト性能ではA100を20%凌駕した」と発表した。  エヌビディアは米国の対中半導体輸出統制措置により売り上げの17%を占める中国市場向けに3つの専用半導体を準備した。そのうちH20モデルはファーウェイの昇騰910Bチップより10%以上安く策定しすでに価格戦争に入った。  一方、エヌビディアのジェンスン・フアン最高経営責任者(CEO)は2日に台北で開かれたコンピューター見本市での講演で「H200チップのアーキテクチャー基盤であるホッパーの次のバージョンであるコード名ブラックウェルを下半期に発売するだろう」と明らかにした。彼はまた、2026年から供給するコード名「ルビン」まで公開し中国との技術格差を強調した。  【コメント】ジェンスン・フアンCEOが台湾出身なので、中国に対する警戒心が薄いのではないかと懸念しています。米国で独禁法違反調べを受けている最中は周知の事実で、司法省がエヌビディアを担当していますが、GAFAM等関係者からの裏からの圧力もありや、今までの中国向けGPUに難癖を付けて来るかも。そろそろIT半導体関連の時価総額が世界第三位の規模ゆえに、企業防衛体制を、そろそろ革ジャンCEO一人に任せず、いらんことを喋らないように、事前対応をした方が良いかと存じます。多くの株主の資産が、CEOの要らん一言で株価急落等々で巨大リスクの引き金にならないためにもね。

  • 米オラクル25年度売上高は2桁成長へ、AI需要追い風 株価大幅高
    2024年6月12日午前 10:54 GMT+920時間前更新

    [11日 ロイター] - 米ソフトウエア大手オラクルは11日、2025年度の売上高が2桁成長するとの見通しを示した。人工知能(AI)を活用したクラウドサービスへの強い需要を反映し、株価は引け後の時間外取引で9%上昇した。
    生成AI「チャットGPT」を手がけるオープンAI、およびグーグルクラウドとの提携も発表した。
    第4・四半期(3─5月)決算はクラウド収益が前年比20%増加の53億ドルとなった。
    ただ、同四半期の総売上高は142億9000万ドルで、LSEGがまとめたアナリストの平均予想145億5000万ドルを下回った。
    調整後の1株利益は1.63ドル。市場予想は1.65ドルだった。
    サフラ・キャッツ最高経営責任者(CEO)は「OCI(オラクル・クラウド・インフラストラクチャー)の能力が需要に追いつくに伴い、各四半期に前期を上回るペースで成長する見通しだ」と指摘。
    その上で「第4・四半期だけでも、オラクル・クラウドでチャットGPTを訓練するためのオープンAIとの契約を含め、総額125億ドルを超える30件余りのAI販売契約を結んだ」と述べた。
    第4・四半期の残存履行義務(RPO)は980億ドルと、前年同期から44%増加した。
    キャッツ氏は「オラクル・クラウドでのAI大規模言語モデル訓練に対する非常に強い需要がけん引し、第3、第4・四半期に当社史上最大の販売契約を結んだ」と述べた。
    D.A.デビッドソンのリサーチアナリスト、ギル・ルリア氏は、「クラウド市場でオラクルは第4位のプロバイダーとして健闘しているが、全体として2桁の成長を達成するためにはクラウド事業がさらに大きく成長する必要がある」と述べた。
    同社は第1・四半期の売上高が5─7%増加すると予想している。アナリストは7.6%増と予想している。

  • >>80

    (続き)
     2024年2月にはソフトバンク創設者の孫正義氏が、エヌビディアに対抗して1000億ドル規模の半導体ベンチャーを立ち上げることが発表されました。プロジェクトのコードネームは「イザナギ」。ソフトバンクグループは英国の半導体設計会社アームを買収済みであることからも、ソフトとハードが入り乱れての開発競争が激化していくことが予想されます。

     一方、OpenAIは2024年2月上旬、アラブ首長国連邦などの複数の投資家と交渉し、AI開発に不可欠な半導体を製造するためには約5兆ドルを必要とすると報道されています。2024年2月のOpenAIの時価総額が12兆円ほどと推定されることから考えると桁違いの資金調達ですが、エヌビディアの時価総額が約200兆円に到達していたことを考えると、対抗するにはそれだけの資金が必要ということもありえます。

    エヌビディアが世界第3位の時価総額に
     インテルやサムスン、クアルコムなど様々な半導体企業がいる中で、エヌビディアは群を抜いていると言えるでしょう。社名はラテン語のinvidia(羨望)とNV(next vision、次のビジョン)をかけあわせて、未来を見据えるという意味が込められています。

     もともとは台湾出身で米国で育ち、スタンフォード大学大学院で電気工学を学んだジェンスン・ファン氏が1993年、30歳のときに、自身がアルバイトをしていたファミリーレストラン、デニーズで友人と企画を考えてエヌビディアを設立しました。

     ただ、ジェンスン・ファン氏はビジネスモデルには詳しくなかったため、本屋さんに向かい、ビジネスプランの本を購入して事業計画を作成します。当時存在したベンチャーキャピタルのうちの一つであるセコイア・キャピタルの投資家からは、「今まで聞いた中で最低の事業提案だ」と言われながらも投資につなげます。

     当時は、Windows95が出る前でしたが、マイクロプロセッサの業界が急速に進化している時代でした。ファン氏は既存のインテルなど大企業の半導体(CPU、中央演算処理装置)が苦手にしている処理、例えば3Dグラフィックなどを扱える半導体が作れないかと考えたのです。

     1992年にはOpenGLというオープン標準規格が公開されており、3DグラフィックはWindowsによるグラフィックス企画のダイレクト3Dだけでなくゲームの世界でも必要とされていました。日本でもなじみのあるセガ(当時)の3D格闘ゲーム「バーチャファイター」も1993年に発売されていましたし、ナムコ(当時)の3Dレーシングゲーム「リッジレーサー」も人気でした。

     その需要が高まるなか、エヌビディアは3Dグラフィックがこれまでもよりも高い製品である、GeForce256を1999年に発売します。これが世界初の「GPU:グラフィックプロセッシングユニット」と名づけられました。そこから性能を着実に伸ばし、今やニンテンドースイッチにも使われるようになっています。

     このGPUは、単に3Dグラフィックを処理することに優れているだけではありませんでした。GPUの持つ並列処理の速さは、AIを処理するのにも非常に相性が良かったのです。

     そのためAIのサービスが広がり始めると、GPUの売り上げも伸び始めます。2012年頃から盛り上がった画像処理に使うニューラルネットワークもそうでしたが、特に、生成AIにおける計算量はこれまでよりも大きいため、処理にかかる時間や性能を考慮するとエヌビディアのGPUが第一候補になるわけです。

     2022年11月のChatGPTの爆発的な普及もあり、GPUの争奪戦になりました。その結果、2024年3月時点では、グーグルの親会社であるアルファベットの時価総額を抜き世界第3位の時価総額を持つ上場企業となりました。ハードウェアから進化した企業としては異例のことです。

  • 躍進するエヌビディア 生成AIに不可欠な半導体の未来
    2024.6.13
    山本 康正/京都大学経営管理大学院客員教授

    Google vs Microsoft 生成AIをめぐる攻防
    価格:1,980円(税込)
    発行日:2024年05月20日
    著者名:山本 康正 著

    ソフトとハードが入り乱れての開発競争
     生成AIを巡る開発競争が過熱していく中で、最も重要な鍵を握っているのは半導体です。スマートフォンやPC、家電に欠かせない半導体ですが、膨大な計算量と高速の計算力に支えられる生成AIのテクノロジーもまた、半導体の性能によって大きく左右されます。

     市場の動向に目を向けると、画像処理半導体で圧倒的シェアを誇る米国のエヌビディアや英国のアーム、韓国のサムスン電子、熊本県菊陽町に巨大工場を建設している台湾大手・TSMC(台湾積体電路製造)など、半導体メーカーの存在感が増しています。

     一方で、半導体メーカー各社は、この状況に安穏としているわけではありません。自分たちは確かにハードウェアの核となる半導体を提供している。だが、取引先が自分たちで半導体の開発を始めてしまったら? あっという間に用無しとされてしまうのでは?

     その展開を懸念しているエヌビディアは、すでに自分たちでソフトウェア開発に多額の投資を行っています。2024年2月13日には「Chat with RTX」というAIチャットアプリを公開しました。

     アップデートのめまぐるしい現代において、ハードウェアを開発しているだけでは取り残されてしまう。だからこそ、エヌビディアはハードウェア、ソフトウェアの双方の開発に注力しているのです。さらに言えば、かつてははっきりと垣根があったハードウェアとソフトウェアの領域も、その線引きが徐々に消えつつあります。ユーザーに優れた経験を提供しようと思うのであれば、どちらも必須の要素だからです。

    半導体ベンチャーを立ち上げる孫正義氏
     多くのデジタルツールが出てきたなか、見方を変えれば、ハードウェアは「変更の難しいソフトウェア」と見ることができます。その上でどちらの領域も押さえなければなりません。

     1980年代には世界一のシェアを誇りながらも、様々な要因で競争力を失ってしまった日本の半導体メーカーは、エヌビディアをはじめとした海外の半導体産業の柔軟なこの姿勢こそ見習うべきでしょう。ハードウェア、ソフトウェア、そしてアルゴリズム。3点をセットとして開発を行う時代はすでに到来しています。
    (続く)

  • 世界の企業ブランド価値、アップルが初の1兆ドル越え エヌビディア急上昇
    2024年6月13日午前 2:35 GMT+93時間前更新

    [12日 ロイター] - 英調査会社カンターが12日発表した最新の世界のブランド価値トップ100社調査「ブランドZ」で、人気のスマートフォン「iPhone」を手がける米アップルはブランド価値が昨年から15%上昇し、1兆ドルを初めて突破した。アップルは3年連続でブランド価値世界一となった。
    カウンターポイントのアナリストは「アップルは製品やサービスなどを一貫して提供している。それが消費者の心を捉え、ブランドに対する強固な支持層を生み出してきている」と話した。
    人工知能(AI)ブームや半導体需要の高まりを背景に、エヌビディアのブランド価値は2000億ドル超と昨年から急上昇。世界で6位となり、初めてトップ10入りした。
    世界のブランド価値の2位はアルファベット傘下のグーグル(7530億ドル)、3位はマイクロソフト(7130億ドル)だった。
    AIを活用したクラウドサービスを手がける米ソフトウエア大手オラクルも、ブランド価値が58%上昇の1450億ドルとなり、9位に食い込んでトップ10入りを果たした。
    時価総額はアップルが3兆1800億ドルで、株価上昇が顕著なエヌビディアの2兆9700億ドルを上回っている。

  • >>75

    (続き)
    それが今日の WWDC の発表で明らかに変わった。しかし、Apple が遅ればせながら OpenAI パートナーシップを通じてAI戦争に突入したことは、リスクや矛盾がないわけではない。Apple は長い間、プライバシーの擁護者であり、ビッグテックの同業他社がAIの野望を実現するために依存している横行するデータ収集に反対してきた。Apple は OpenAI が自社のプライバシー原則を尊重すると主張しているが、その詳細はあいまいなままだ。

    Apple の秘密主義とサイロ化された開発という強迫的な企業文化は、OpenAI の自由奔放で協調的な倫理観とも相容れないようだ。両社のエンジニアやプロダクトリーダーは、文字通りの意味でも比喩的な意味でも、まったく異なる言語を話していることに気づくかもしれない。Apple Intelligence の開発者向けフレームワークは、OpenAI のオープンなAPIとは異なり、完全にクローズドなソースとなる。

    AI 軍拡競争が過熱する中、Microsoft に注目が集まる
    Apple の AI 戦略には疑問や注意点が残るが、今日の OpenAI の発表は、シリコンバレーの AI 軍拡競争における利害を間違いなく高めるものだ。そして再び、Microsoft が AI 全般で早くからリードを広げようとしている中、次にどのような手を打ってくるのか、レドモンドのオフィス、そして容赦ないチェスの名手 Nadella 氏に注目が集まっている。

    Microsoft はここ数年、膨大な提携関係と堂々たる社内兵器によって、他の追随を許さないAIの軍資金を築き上げることに数十億ドルを費やしてきた。今のところ、Microsoft の多くの構想は主に研究開発とパイロットプロジェクトの段階にあるが、Microsoft が市場を揺るがすような形でそれらを実現する日はすぐそこまで来ている。
    (終)

  • >>74

    (続き)
    彼は、マイクロソフトの触手を新興AIエコシステムの隅々にまで伸ばすべく、着々と、そしてこっそりと作業を進めてきた。

    しかし、触手を新興 AI エコシステムの隅々にまで伸ばすべく、着々と、そしてこっそりと作業を進めてきた Microsoft の CEO Satya Nadella(サティア・ナデラ)氏にとっては、OpenAI と Apple のパートナーシップは、さらに魅力的なチャンスかもしれない。OpenAI を Apple の暖かい抱擁に誘導することで、Microsoft は表向きの AI の宿敵を、最も熾烈な競争相手のひとつである Apple の壁内に潜むトロイの木馬に変身させることができる。

    OpenAI が iPhone を愛用する大衆のユーザデータやインタラクションパターンから得る洞察は、少なくとも間接的には Microsoft にも利益をもたらすだろう。Apple と Microsoft の両社の製品ロードマップの舵取りにおけるOpenAIの影響力の拡大は、両社のAIへの取り組みが敵対的なものではなく補完的なものであることを保証するのに役立つだろう。

    そして、Apple にとって最悪のシナリオは、OpenAI への大きな賭けが裏目に出ることになった場合(ユーザへの圧倒的な普及、恥ずかしい技術的不具合、あるいはAIの誇大宣伝に対する幅広い幻滅など)、Microsoft は最大のライバルである2社が公衆の面前でパイをぶつけられるのを黙って見ていることができる。

    Apple のぎこちない AI の青春
    Apple とその突然の AI への全面的な受け入れは、一体どこへ向かうのだろうか? その規模、富、技術力にもかかわらず、Apple は、AI の洗練度においてシリコンバレーの近隣企業に遅れをとっていると長い間認識されてきた。

    確かに、Apple は2010年に Siri を買収した後、早くから注目を集めた。しかし、このバーチャルアシスタントはすぐに信頼性の低さで評判を呼び、今では Google アシスタントや Amazon の「Alexa」のようなライバルに劣ると広く見られている。長年にわたる着実な改善にもかかわらず、Siri とのやりとりはいまだに、文字化けした音声メッセージ、誤解された意図、滑稽なほど的外れな結果など、イライラさせられるゲームに発展することがあまりにも多い。

    今日に至るまで、OpenAI の「ChatGPT」や Google の「Gemini」、Anthropic の「Claude」のような競合が巻き起こした最近の AI の熱狂に対する Apple の反応は、ラジオが鳴るほど静かだった。競合他社がチャットボット、パーソナルアシスタント、文章作成支援ツール、大規模な言語モデルを搭載したイメージジェネレーターのリリースを急ぐ中、Apple は傍観することに満足しているようで、AI 時代に対する一貫した戦略を全く持っていないのではないかと疑う声も上がっている。
    (続く)

  • >>72

    (続き)
    Microsoft とOpenAIの関係の変化
    間違いなく、Microsoft と OpenAI は今でも深いつながりと重複する関心を持っている。Microsoft は2019年に OpenAI に10億米ドルを投資し、その後さらに100億米ドルを注ぎ込んだことで、Microsoft は OpenAI の株式を大量に取得し、Microsoft のクラウドプラットフォーム「Azure」上でその切望する言語モデルにアクセスするための独自の有利な条件を手に入れた。

    両社はまた、相互に関心のある特定のプロジェクトで緊密な協力を続けている。OpenAI の GPT モデルやその他の基盤技術は、Microsoft の最も注目され、最も戦略的な製品のいくつかを支えている。その中には、自慢の会話AI機能を備えた新しい検索エンジン「Bing」(現在は「Copilot」と呼ばれている)も含まれる。そして Microsoft は、安全性を犠牲にしてまで無謀にも AI を追求していると非難する批評家たちから、わざわざ OpenAI を公の場で擁護している。

    しかし、かつては揺るぎないように見えた Microsoft と OpenAI の一夫一婦制の関係にも、ほころびが見え始めている。特にOpenAIは、その独立性を主張し、たとえ Microsoft のような巨大企業であっても、単一の支援者のアジェンダに拘束されたり、舵を取られたりすることはないと証明しようと決意しているようだ。

    OpenAI は、Microsoft にとってのトロイの木馬なのだろうか?
    そこで、本日発表された OpenAI と Apple の超大型パートナーシップの話になる。表面的には、この契約は両者の利益と野心にとって、まさに Win-Win のように見える。

    Apple にとって、この提携は、遅れをとっている同社の AI 能力にどうしても必要な一撃を与え、グーグルやアマゾンのようなライバルを飛び越えるチャンスを約束するものだ。OpenAI の GPT 言語モデルやその他のツールは、ここ数年で初めての大改革が予定されている、Apple の圧倒的なバーチャルアシスタント「Siri」と深く連携される。「Apple Intelligence」と名付けられた新しい開発者向けフレームワークにより、iOS エコシステムは OpenAI の強力な生成AIモデルを利用できるようになる。OpenAI を利用した機能は、iMessage から写真、マップに至るまで、Apple 自身のアプリやサービス全体に織り込まれ、それらを根本的によりインテリジェントに、直感的に、パーソナライズされたものにすることを約束する。

    OpenAI の側としては、iOS のエコシステムに特権的な足がかりを得ることで、即座に世界中の何億人もの Apple の顧客の手にその技術が渡ることになる。また、OpenAI のモデルをさらに訓練し、洗練させるための潜在的な金鉱である、Apple の製品やサービスを通じて日々流れる膨大な量のデータへのアクセスも得られる。そして、この契約には高額な契約一時金と継続的なロイヤルティが含まれており、OpenAI の照明と GPU クラスターの稼働を維持するのに役立つことは間違いない。
    (続く)

  • シリコンバレーのAI覇権争い、AppleとOpenAIの提携に微笑むMicrosoft
    VentureBeat VentureBeat 2024.06.11

    Apple は11日開催された WWDC(Worldwide Developers Conference)でOpenAIとの新たなパートナーシップを発表し、iPhone、iPad、Mac に高度な AI 機能をもたらすことを約束した。しかし、pple の派手な基調講演が一段落した今、最大の話題は Apple が AI を全面的に採用したことではなく、Microsoft とかつて AI の寵児だった OpenAI との距離が縮まっていることだ。

    過去1年間、Microsoft は AI パートナーシップとイニシアチブを OpenAI の枠を超えて積極的に拡大してきた。Redmond を拠点とするこの巨大テック企業は、日立製作所と数十億米ドル規模の契約を結び、業界に特化した AI ソリューションを共同開発し、Mistral とは次世代の自然言語モデルを開発し、その他多数の企業とはヘルスケア、金融、製造などの分野での AI 応用を模索している。

    Microsoft はまた、独自の AI モデルを社内でトレーニングするために巨額の投資を行っている。エンタープライズアプリ用に作られた Phi 3 ファミリーの小規模モデルに加え、Microsoft は、OpenAI の言語モデルに直接対抗する LLM「MAI-1」を構築したと報道された。この熱狂的な活動の暗黙のメッセージは明確である。Microsoft は、AI の野望を OpenAI や単一のパートナーだけに依存することを拒否している。

    OpenAI の静かな権力闘争が戦略転換を促す
    Microsoft の AI の多様化は、少なくとも部分的には、昨年の OpenAI の静かな権力闘争とリーダーシップの交代によって促進されたようだ。共同設立者で CEO の Sam Altman(サム・アルトマン)氏は、OpenAI を非営利の研究所から営利目的の大企業へと変貌させた気まぐれな空想家だったが、2023年後半に突然 CEO の座を追われた。その後、彼は CEO に再任されたが、永続的な波紋が広がっている。

    OpenAI のチーフサイエンティストであり、機械学習の第一人者 Ilya Sutskever 氏などの主要な研究者も、有害な企業文化や OpenAI の方向性をめぐる意見の相違が報道される中、退社に向かった。OpenAI の頭脳集団が四方八方に散り散りになったことで、Microsoft の AI パートナーとしての信頼も失墜したようだ。
    (続く)

  • エヌビディアの次はメタが株式分割か、株450%高騰で機は熟したの声
    2024年6月11日 23:49 JST

    ウォール街では株式分割が今年増えていることで、どの企業が続くかに注目が集まっている。アナリストからは次はメタ・プラットフォームズだとの指摘が聞かれ始めた。
     ハイテク大手7社で構成する「マグニフィセント・セブン」の中で、株式分割を行っていないのはメタだけだ。株価は4月につけた最高値からは押し戻されているが、2022年につけた安値からは450%余り上昇している。

     マホニー・アセット・マネジメントのケン・マホニー社長はメタ株価は投資家にとって重要な水準と考えられている500ドルを超えており、「株式分割の機が熟した」と話す。メタの株価はここ1年、人工知能(AI)ブームや自社株買い、配当の開始などによって押し上げられてきた。

     株式分割は企業のファンダメンタルズを変えるものではないが、1株当たりの株価を引き下げる。そのため株価の高さが壁となって投資を敬遠していた個人投資家や従業員にとっては、妙味が増しそうだ。また株価加重平均のダウ工業株30種平均に採用されやすくなる可能性もある。ダウ採用銘柄で現在、1株500ドル以上で取引されている企業はない。

     足元では、エヌビディアが5月に1株を10株に分割する計画を発表したことで、株式分割に再び注目が集まっている。エヌビディアは9日から分割後の株価での取引が始まった。S&P500種株価指数構成銘柄の中で今年に入り株式分割を発表したのはエヌビディアで6社目。2023年は4社だった。
     バンク・オブ・アメリカ(BofA)のアナリストは、今後もテクノロジー株で株式分割の動きが広がる兆しだと述べている。マグニフィセント・セブン銘柄で2022年以降に株式分割を行ったのはエヌビディアで4社目。エヌビディアの前はアルファベット、アマゾン・ドット・コム、テスラで、アップルはその数年前に当たる20年に株式分割を実施している。
     BofAによると、ブロードコム、ラム・リサーチ、スーパー・マイクロ・コンピューター、KLA、ネットフリックスなどのテクノロジー企業が株式分割を行う候補だとみられている。またマイクロソフトは1株500ドル近辺ではないが、20年余り株式分割を行っていないため、実施する可能性があるとBofAは指摘している。

    革ジャンおじさんと愉快な仲間達 エヌビディアの次はメタが株式分割か、株450%高騰で機は熟したの声 2024年6月11日 23:49 JST  ウォール街では株式分割が今年増えていることで、どの企業が続くかに注目が集まっている。アナリストからは次はメタ・プラットフォームズだとの指摘が聞かれ始めた。  ハイテク大手7社で構成する「マグニフィセント・セブン」の中で、株式分割を行っていないのはメタだけだ。株価は4月につけた最高値からは押し戻されているが、2022年につけた安値からは450%余り上昇している。   マホニー・アセット・マネジメントのケン・マホニー社長はメタ株価は投資家にとって重要な水準と考えられている500ドルを超えており、「株式分割の機が熟した」と話す。メタの株価はここ1年、人工知能(AI)ブームや自社株買い、配当の開始などによって押し上げられてきた。   株式分割は企業のファンダメンタルズを変えるものではないが、1株当たりの株価を引き下げる。そのため株価の高さが壁となって投資を敬遠していた個人投資家や従業員にとっては、妙味が増しそうだ。また株価加重平均のダウ工業株30種平均に採用されやすくなる可能性もある。ダウ採用銘柄で現在、1株500ドル以上で取引されている企業はない。   足元では、エヌビディアが5月に1株を10株に分割する計画を発表したことで、株式分割に再び注目が集まっている。エヌビディアは9日から分割後の株価での取引が始まった。S&P500種株価指数構成銘柄の中で今年に入り株式分割を発表したのはエヌビディアで6社目。2023年は4社だった。  バンク・オブ・アメリカ(BofA)のアナリストは、今後もテクノロジー株で株式分割の動きが広がる兆しだと述べている。マグニフィセント・セブン銘柄で2022年以降に株式分割を行ったのはエヌビディアで4社目。エヌビディアの前はアルファベット、アマゾン・ドット・コム、テスラで、アップルはその数年前に当たる20年に株式分割を実施している。  BofAによると、ブロードコム、ラム・リサーチ、スーパー・マイクロ・コンピューター、KLA、ネットフリックスなどのテクノロジー企業が株式分割を行う候補だとみられている。またマイクロソフトは1株500ドル近辺ではないが、20年余り株式分割を行っていないため、実施する可能性があるとBofAは指摘している。

  • エヌビディアCEOジェンスン・フアンのキーノートを見返す中国と韓国
    6/11(火) 13:05配信

    「1000ドルのパソコンに500ドルのGeForceグラフィック処理装置(GPU)を追加すれば性能が飛躍的に向上します。データセンターも同じことです。10億ドル規模のデータセンターに5億ドル相当のGPUを加えればあっという間に人工知能(AI)工場になります」。

    2日午後、台北の国立台湾大学体育館。6500人の聴衆の前でAIの駆動原理を説明したエヌビディアのジェンスン・フアン最高経営責任者(CEO)は営業社員に変身した。

    「速度は100倍速くなるが費用は1.5倍増加します。さらに多く(エヌビディアのGPUを)購入するほど、あなたはもっと多くのお金を節約することになります。正確ではないけれど、ぴったり当てはまるCEOの算法です」。

    この日フアンCEOの英語講演「新しい産業革命の夜明け」はユーチューブで生中継された。中国は例外だった。エヌビディアは行事後に韓国語、中国語、日本語の字幕をサービスした。1週間で500万人以上が視聴した。

    ハイライトは2026年に発売するコードネーム「ルビン」を紹介する時だった。台湾TSMCなどパートナー企業を限界まで追い込んで作ると話した。天体の回転速度を計算して暗黒物質を発見した米国の天文学者ルビンの名前を取って今年の末に発売する「ブラックウェル」と連結した。

    市場は歓呼した。講演翌日にエヌビディアの株価は4.9%急騰した。時価総額は3兆ドルを突破した。ブルームバーグは米国のマイクロソフト、エヌビディア、アップルの3社の時価総額9兆2000億ドルは中国証券取引所の全時価総額9兆ドルを抜いたと集計した。フアンCEOの資産は117億ドル台に増えた。世界13位の資産家になった。

    この日フアンCEOはオムニバース、トークン、物理的AI、ロボティクスなどの未来を話した。台北の知人は「台湾はこのごろ両岸問題に関心がなくすべてエヌビディアとAIに夢中だ。半導体関連企業が固く団結し世界の半導体の大物らとのネットワーキングに没頭した」と現地の雰囲気を伝えた。

    中国はいらだっている。5~7日に南京で「2024世界半導体大会」を開いた。台湾国際コンピュータ見本市に対抗する行事だ。参加企業は昨年の300社から200社に減った。インテルとクアルコムのトップは台北を選んだ。さらに両岸を分けたフアンCEOの世界AI地図にも当局は何も言えなかった。

    韓国企業のオーナーはタイミングを逃した。韓国発ニュースのトップは議政活動の対立と風船攻防などが占めた。AIの新世界を主導するフアンCEOのキーノートをずっと見返させる理由だ。

  • エヌビディアCEOはロボットがお気に入り「AIの次の波はロボットだ」
    6/10(月) 8:10配信

    エヌビディアのジェンスン・フアンCEOが6月2日、台湾で行われたテックカンファレンスでまたもやロボットをプッシュした。
    自動運転車やヒューマノイド・ロボットが数年内に大量生産されるだろう、とフアンは予言した。
    エヌビディアは、ロボット用のソフトウェアとハードウェアを作っている。

    ジェンスン・フアン(Jensen Huang)はロボットが大好きだ。
    エヌビディア(Nvidia)のフアンCEOは今年初め、人間のようなロボットを9体、ステージ上で紹介した。6月2日、台湾で行われたテックカンファレンスでの講演で、再び「彼ら」をプッシュし、とりわけ2種類のロボットが「大量生産される」だろうとフアンは述べた。彼によるとそれは、自動運転車と人型ロボットだ。
    「AIの次なる波は、物理的なAIだ。物理法則を理解するAI。我々とともに働くことのできるAIだ」とフアンは述べた。この日もトレードマークの、黒い革のジャケットを着ていた。
    「あらゆるものがロボット化されるだろう。すべての工場がロボット化されるだろう。工場がロボットを指揮し、ロボットがロボット製品を作ることになるだろう」

    半導体大手であるエヌビディアが、ロボットの普及で得るものは大きい。同社のソフトウェアとハードウェアが、ロボットの生産やトレーニング、継続利用に使われる可能性が高いからだ。
    フアンが6月2日に述べたところによると、同社は自動運転車用のオペレーティング・システムを構築し、来年にもメルセデス(Mercedes)と提携した自動車の製造を開始する予定だという。
    また、ロボットが仮想環境で学習するためのオペレーティング・システムも開発している。フアンによると、ロボットは実世界で働く前に、「ロボットジム」でシステムを改良される。そこで物をつかむなどの運動スキルから倉庫内の移動などまで、仮想環境ですべて事前に微調整が可能だという。

  • 「120ドルなら買い」…エヌビディア額面分割初日、取引時間中に小幅下落
    2024.06.11 09:44

    人工知能(AI)チップの代表株であるエヌビディアの株式が額面分割後の取引初日に株価が取引時間中に小幅な下落傾向を見せている。

    10日のニューヨーク証券市場で午前10時基準エヌビディアの株価は前日より2.18%下落した118.25ドルで取引された。エヌビディアの株価は7日終値基準で1208.88ドルだったが、取引終了後に額面価が10分の1に分割され120.88ドルに調整された。

    今回の株式分割により6日の取引終了時点でエヌビディアの普通株を保有する株主は保有株式数が10倍に増えることになった。例えば4株を保有する株主は額面分割後40株を持つことになる。これは株式の額面価値が単純に分割されたもので、エヌビディアの市場価値に変動は生じない。

    エヌビディアの時価総額は5日の株価上昇で3兆ドルを超えたが6日と7日には株価が連続して下落したのに続きこの日午前も下落傾向から始まり3兆ドルを割り込んだ。

    分割前価格基準でエヌビディア株式が最後に120ドルで取引されたのは2022年10月だった。これは7日終値基準でエヌビディアの株価が900%上昇するのに2年もかかっていないことを示すとマーケットウォッチは伝えた。エヌビディアの株価は今年に入ってだけで140%以上上がった。

    ウォール街では今回の株式額面分割が小額投資家を引き込んで株価上昇の触媒剤になると予想した。金融情報会社オプションリサーチ・アンド・テクノロジーサービスのマット・エンバーソン氏は「株式分割が多い個人投資家にエヌビディア株式をはるかに簡単に接近できるようにさせるだろう」とヤフー・ファイナンスに話した。

    ゴールドマン・サックスの分析チームは「投資家は通常、取引価格が低く取引が柔軟な点のため流動性が高い株式にさらに高い価値を付与する」と説明した。投資銀行TDコーウェンのアナリスト、マシュー・ラムジー氏はエヌビディアの目標株価を120ドルから140ドルに引き上げた。

  • >>66

    (続き)

    あるエヌビディアの元幹部は、それを「優先順位と思考の結晶を育てる」方法だと語った。
    「彼に超長文のメールを送ると問題になるだろう。エヌビディアのEメールは、行間を1行分開け、1行に1文、おそらく5、6行以下のものでないといけない」と彼はBusiness Insiderに話した。
    「言いたいことを明確にして送信すること。 そして、もし彼または他の人たちがもっと情報を必要とするなら、その時はメールではなく、会話になる」と、彼は付け加えた。

    エヌビディアCEOはロボットがお気に入り「AIの次の波はロボットだ」
    その元幹部は、人々に注目してもらうためには、重要なポイントを特定することが不可欠だと語った。それは複雑なトピックを素早く要約する有用なコミュニケーションのテクニックだが、簡単には身につかないかもしれない。

    Business Insiderが聞いた話によると、「エヌビディア人(Nvidians)」は、集中力を高めるために、毎週自分が取り組んでいる優先事項のトップ5をフアンと自分の上司にメールで送ることになっているという。

    また、別の関係者は、これらのリストはフアンが社内で何が起きているかを「素早くチェック」するのに役立っていると語っている。時には、異なる部署や地域の従業員同士がある課題について話し合い、協力するように提案することもあるという。

    よく練られて書かれたメールへの期待は、アマゾンのスタッフが会議の冒頭で回覧するジェフ・ベゾス(Jeff Bezos)の6ページのメモを彷彿とさせる。ベゾスは、「メモは黙読され、アイデアをよりよく練るための方法として役立っている」と語っている。

    エヌビディアはコメントを控えている。

  • エヌビディアの社内メールは「6行以内」…フアンCEOがそれを求める理由
    Jun. 11, 2024, 09:00 AM

    エヌビディアの元従業員がBusiness Insiderに語ったところによると、「ジェンスン・フアンのメールは6行以内」だという。
    エヌビディアのCEOであるフアンのメールは、「TL;DR」型のアプローチに従っており、彼は社員にも同じことを求めているという。
    エヌビディア(Nvidia)のCEOジェンスン・フアン(Jensen Huang)は、メールの書き方が独特で、エヌビディアの従業員にも同じことを期待しているという。

    同社の内部関係者は最近、ザ・ニューヨーカー(The New Yorker)に「フアンのメモは日本の俳句のようだ」と話しており、エヌビディア(Nvidia)の元従業員は、彼のメールのコミュニケーションスタイルについて新たな詳細をBusiness Insiderの取材で語った。
    同社の元従業員3人によると、フアンのメールは通常6行以内の簡潔なもので、彼は人々が即座に本題に入ることを期待しているという。
    ある人は、彼のメールを「Too Long; Didn't Read(長すぎて読めなかった)」の略である「TL;DR」型(もとの意味から転じて「長すぎるという人のための要約という意味)のアプローチと例えている。その元従業員は次のように話している。
    「スタッカート(音を短く切って演奏すること)のように歯切れのいいメールにまとめななければならないことは、早い段階で説明されていた。ジェンスンだけでなく、会社全体がそうだった」
    (続く)

  • エヌビディア比率急上昇か、アップル売却も-大型テクETFの再配分
    2024年6月12日 3:39 JST

    米エヌビディアが時価総額でアップルを抜いたことで、世界最大級のテクノロジー上場投資信託(ETF)が保有銘柄の再編を迫られそうだ。

     670億ドル(約10兆5000億円)規模の「テクノロジー・セレクト・セクターSPDRファンド」(銘柄コード:XLK)は、過去何カ月にもわたって急騰を続けるエヌビディア株の保有を比較的低い比率に抑えてきた。分散投資ルールを順守する必要があったためだ。エヌビディア株が同ファンドの資産に占める比率は現時点で約6%。S&P500種情報技術(IT)株指数では21%を占めていることから、XLKは今年大幅なアンダーパフォームを余儀なくされている。
     ブルームバーグ・インテリジェンスによると、エヌビディアが時価総額でアップルを抜いた今、同ETFが今月末近くに四半期ごとのリバランスを実施する際に、XLKでのエヌビディア保有比率は大幅に上昇する可能性がある。
     14日の時点でエヌビディアがアップルに対する優位を保てば、同ETFはエヌビディアの時価総額の影響力を全面的に反映することになる。同日にXLKの構成銘柄それぞれの暫定比率が決定される。そのプロセスで、同ファンドにおけるアップルのウエートは現在の21%から4.5%にまで低下する可能性がある。分散投資ルールがまたも影響するためだ。
     ブルームバーグの計算によれば、このような再編が実施される場合、XLKを運用するステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズはエヌビディア株を100億ドル相当積み増す可能性がある。一方で、アップル株を約110億ドル手放す必要がある。特にアップルにとって、これはささいな取引ではない。過去3カ月間、アップルは1日当たり110億ドルのペースで売買されてきた。

    革ジャンおじさんと愉快な仲間達 エヌビディア比率急上昇か、アップル売却も-大型テクETFの再配分 2024年6月12日 3:39 JST  米エヌビディアが時価総額でアップルを抜いたことで、世界最大級のテクノロジー上場投資信託(ETF)が保有銘柄の再編を迫られそうだ。   670億ドル(約10兆5000億円)規模の「テクノロジー・セレクト・セクターSPDRファンド」(銘柄コード:XLK)は、過去何カ月にもわたって急騰を続けるエヌビディア株の保有を比較的低い比率に抑えてきた。分散投資ルールを順守する必要があったためだ。エヌビディア株が同ファンドの資産に占める比率は現時点で約6%。S&P500種情報技術(IT)株指数では21%を占めていることから、XLKは今年大幅なアンダーパフォームを余儀なくされている。  ブルームバーグ・インテリジェンスによると、エヌビディアが時価総額でアップルを抜いた今、同ETFが今月末近くに四半期ごとのリバランスを実施する際に、XLKでのエヌビディア保有比率は大幅に上昇する可能性がある。  14日の時点でエヌビディアがアップルに対する優位を保てば、同ETFはエヌビディアの時価総額の影響力を全面的に反映することになる。同日にXLKの構成銘柄それぞれの暫定比率が決定される。そのプロセスで、同ファンドにおけるアップルのウエートは現在の21%から4.5%にまで低下する可能性がある。分散投資ルールがまたも影響するためだ。  ブルームバーグの計算によれば、このような再編が実施される場合、XLKを運用するステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズはエヌビディア株を100億ドル相当積み増す可能性がある。一方で、アップル株を約110億ドル手放す必要がある。特にアップルにとって、これはささいな取引ではない。過去3カ月間、アップルは1日当たり110億ドルのペースで売買されてきた。

  • エヌビディアの株式分割がダウ組み入れ観測を煽る
    2024-06-11 03:23

    人工知能のリーディング・カンパニーであるエヌビディアは、1株につき10株の株式分割を完了し、個人投資家や従業員にとってより利用しやすい株式となった。この動きにより、同社が優良株価指数であるダウ工業株30種平均に採用される可能性が取り沙汰されている。株式構成の調整により、会社全体の評価を維持しながら発行済み株式数を増やすことができる。

    eToroのグローバル・マーケット・ストラテジスト、ベン・レイドラー氏は、この分割の潜在的な影響についてコメントし、エヌビディアがアマゾンやアップルの仲間入りをする候補になる可能性を示唆した。

    アナリストは、株式分割は、大口の機関投資家に比べ、一般的に少額の資金を取引する個人投資家を引きつけることが多いと見ている。

    ゴールドマン・サックスは、流動性の高い銘柄は、取引コストが低く、様々な市場環境に適応できるため、投資家に高く評価されることが多いと指摘している。2019年以降にラッセル1000指数で行われた45件の株式分割を分析したところ、発表後に一時的に取引量が増加したが、分割が実施された後は持続的な変化はほとんど見られなかったという。

    エヌビディアの株価は分割後、1株当たり121ドルで取引されており、前週金曜日の1200ドルから引き下げられている。この新しい価格帯により、エヌビディアは、株価加重型のダウ指数30社の構成銘柄となる可能性がある。

    ダウ指数を管理するS&Pダウ・ジョーンズ・インデックスは、指数の構成変更の可能性についてコメントを発表していない。

  • エヌビディア、ダウ平均採用の観測高まる 10対1の株式分割受け
    2024年06月11日(火)01時28分

    [10日 ロイター] - 米半導体大手エヌビディアが発表した10対1の株式分割を受け、ダウ工業株30種平均に採用されるとの観測が浮上している。
    ネット証券「eToro」のグローバル市場ストラテジスト、ベン・レイドラー氏は「株式分割の副次的効果として、エヌビディアはダウ平均株価に採用され、おそらく現在ウエートが最も低い半導体大手のインテルに取って代わることになるだろう」と述べた。
    エヌビディアの株価は、先月同社が株式分割と好業績見通しを発表して以来、27%近く上昇。先週、時価総額は3兆0120億ドルと、アップルの3兆0030億ドルを抜き、マイクロソフトに続く世界第2位に躍り出た。
    エヌビディアの株価終値は、分割後で1株当たり120ドル。先週7日の時点では1200ドルだった。

読み込みエラーが発生しました

再読み込み