ここから本文です
現在位置:
  • 【(株)ジーエヌアイグループ】
    (株)ジーエヌアイグループについて話し合うスレッドです。
    ソースが不明な私的なデータや、なんでもかんでも私見と言っておけば逃れられると思ってるようなコメント、もしくは他にふさわしいスレッドがあるコメントは削除されることがあります。

    ・荒らし行為と思われる投稿には反応せず、密やかに違反報告して悪質なアカウントはつぶしましょう
    ・時々2160のスレにこちらへ誘導するリンクを貼っておきましょう
    ・こちらの更新頻度が高まれば検索エンジンで2160スレより上位に表示されるようになるので頑張りましょう

  • 9351(最新)

    tak***** 10月18日 08:37

    おはようございます。
    気配値見てるとまだ売るの?ですが、始まり?
    勘弁してくださいよぉ。
    がんばれがんばれ 600円!

  • >>9348

    こんばんは💛
    そろそろ熱燗が欲しい季節になりました。
    彼ってもたもたしてるけど、きっとまもなくですょ💛
    きゅ~っと 乾杯しますょ🍶

    2160 ‐(株)ジーエヌアイグループ こんばんは💛 そろそろ熱燗が欲しい季節になりました。 彼ってもたもたしてるけど、きっとまもなくですょ

  • 🐼さん情報によると~

    特発性肺線維症、原因遺伝子および病態の起点を同定-徳島大

    ~今回の研究により、IPFの新たな原因遺伝子が明らかになり、未解明であったIPFの発症機序としてネクロプトーシスの亢進が明らかになった。またその上流経路として、ER(小胞体)ストレスの亢進が寄与していることも解明された。これらの成果から、それらの分子経路がIPFの新たな治療標的になり得ることが考えられる。また、今回の研究からネクロプトーシスが病気の起点になっていることが解明された。一方で、その後にどのような経路を介してIPFが進むかについては、明らかになっていない。同研究グループは今後、今回の研究で開発したSftpa1-KIマウスを用いることで、ネクロプトーシス以後の経路を明らかにし、線維化を誘導する新たな治療標的を見出す研究に取り組んでいきたいとしている。
    ttp://www.qlifepro.com/news/20191016/ipf.html

    IPF治療に新たな提言ですね。GNIの得意なゲノム解析で取組んでいきたい💛

  • >>9343

    でも記事では10月13日承認になっていてデータベースは9月19日時点なので更新されて無いだけかもしれませんね

  • >>9340

    正確な情報ありがとうございます。
    Google翻訳の確定的な表現には注意が必要ですね。

  • >>9338

    下記ではまだ ジェネリック レビュー中ですね

    https://data.yaozh.com/zhuce?name=&zwylbm%7Cylbm=&shoulihao=CYHS1700213&me_qiyemingcheng=北京凯因科技股份有限公司&me_chenbanriqistr=&me_chenbanriqiend=&me_zhuangtaikaishishijianstr=&me_zhuangtaikaishishijianend=&me_zhuceleixing=&me_banlizhuangtai=全部&me_yaopinleixing=全部&me_shenqingleixing=全部&me_xulie=全部&me_tspz=全部&me_shenpingrenwufenlei=全部&me_zdzx=全部&xuhaostr=&xuhaoend=&gupiaobianma=

    2160 ‐(株)ジーエヌアイグループ 下記ではまだ ジェネリック レビュー中ですね  https://data.yaozh.com/zhu

  • あのデ西(デ・ウエスタン・セラピテクス研究所 )さんが。

    標的タンパク質分解誘導薬の開発に関する 共同研究契約締結のお知らせ

    ですって。Cullgenのライバル出現ってことで、お手並み拝見って感じ。

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • >>9336

    下記部分になります

    新薬の販売申請にあたり、申請人は当局に当該新薬について動物試験、CMC、臨床試験などの様々なデータを提出します。このデータの保護期間を最長6年間認めるとしており、この間、cFDAはジェネリック申請に対し、新薬のオリジネーターが提出したデータの引用を認めないというものです。従って当該期間中は、ジェネリック申請に対して承認が与えられないということになります。

  • >>9329

    本件ジェネリックとして承認され販売しているということでしょうか?

    新薬の保護期間延長制度 下記サイト解説との関係がどうなっているか?

    不明な部分が有ります

    http://www.kawamotobbp.jp/articles/1046

  • しつこくてすいません🙇

    2019中国药物制剂大会模様。
    大きな大会って感じです~。

    2160 ‐(株)ジーエヌアイグループ しつこくてすいません🙇  2019中国药物制剂大会模様。 大きな大会って感じです~。

  • 上海ジェノミクス追加情報💛医药地理 参照

    2019年、中国で最も繁栄している技術と革新的な製薬会社と中国で最も革新的な製剤リストが発表されました!

    会議は、中国医薬品協会、中国医薬品協会医薬品専門委員会、国際放出制御協会中国支部、およびLuye医薬品グループによって開催されました。

    ★2019中国で最も成長志向の技術と革新的な製薬会社は下記10社

    成都先导药物开发股份有限公司
    斯微(上海)生物科技有限公司
    西安新通药物研究有限公司
    💛上海睿星基因技术有限公司💛
    康希诺生物股份公司
    杰科(天津)生物医药有限公司
    广州新济药业科技有限公司
    北京澳合药物研究院有限公司
    成都康弘生物科技有限公司
    浙江特瑞思药业股份有限公司

    製剤リストは今回パスですね。

    2160 ‐(株)ジーエヌアイグループ 上海ジェノミクス追加情報💛医药地理 参照  2019年、中国で最も繁栄している技術と革新的な製薬会社

  • この受賞に大いに貢献しているのはF351です。という事を暗に示しているという理解です。
    上場も続いて欲しいですね。

  • ㊗おめでとう御座います㊗

    「上海ジェノミクス有限公司が“The Chinese Technologically Innovative Pharmaceutical Company with the Most Growth Potential of 2019”を受賞」を開示致しました。

    G翻訳➡2019年に最も成長の可能性がある中国の技術革新的な製薬会社💮

    ますます評価が高まっていくのです。GNIG💛

    2160 ‐(株)ジーエヌアイグループ ㊗おめでとう御座います㊗  「上海ジェノミクス有限公司が“The Chinese Tec

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • こんばんは、ピルフェニドン関連ニュースです。

    Cain Technology:希少疾病用医薬品、ピルフェニドン承認 2019-10-13

    http://m.pharnex.com/show-20-1922-1.html

    1. Pharmadog Dataによると、北京ケインテクノロジーのピルフェニドン錠剤(CYHS1700213)(ピルフェニドン)は上場が承認されており、国内で2番目に販売されているピルフェニドンとなっています。(9月19日、医薬品承認文書、国家医学標準語H20193258)

    将来的には、Cain Technologyのこの製品は、Continyのピルフェニドン(Ai Si Rui)と連携して患者に利益をもたらすでしょう!(香港株式上場を継続する予定)

    2.ピルフェニドンは、抗線維、抗炎症、抗酸化作用を持つ小分子化合物で、特発性肺線維症(IPF)の治療に使用されます。 IPF適応症の治療薬の1つ(BIのNidanibu-Nintedanibに加えて、商品名:Vegatte)。

    KDL GmbhとMarnacは、最初にピルフェニドンを開発しました。Yan Yeyiは、1997年4月に日本、韓国、台湾での開発権を取得しました; Shanghai Ruixing Geneは中国での権利を取得しました; InterMuneは2002年に世界の他の地域での開発権を取得しました; 2014年8月、ロシュは多額のお金を費やしましたInterMuneを83億ドルで買収。

    3. 2017年2月、人事・社会保障省は、2017年版の国民基本医療保険、労働災害保険、および母性保険薬リストを正式に発表し、中国で最初にリストされたピルフェニドン(Ai Si Rui)は国民健康保険カタログカテゴリBに入りました。
    、、

    5. IPF関連の研究薬の詳細については、2019年9月に雑誌「Eur Respir Rev」に掲載されたレビュー「特発性肺線維症の治療:次は何ですか?」を参照してください
    、、、

  • ついでに昨年の総会も振り返ってみました。

    Q/CTD-ILDについて2016年9月ネイチャーに掲載された記事によると、急性期と亜急性期で亜急はかなりいい成績が出ていたが、急性期は微妙なのかなと。それについてフェィズ3は患者さんを絞って亜急に限定されるのか、全体だと成功率が怖いのではの印象があります。どのようなプログラムを組みますか。

    もう一つはF351の患者数登録は当初予定より進捗が遅れていて、随分数字は曖昧にもかかわらず、2Q中にデータ解析にかけると。通常一般的なフイッシャー統計によると、このやり方はおかしいと思うのですがベイズ統計の形で解析を治験を進めるのを想定してるのですか。

    ●Drルオ
    非常に技術的質問有難う御座います(笑顔で)
    CTD-ILDの治験は中国で最もこの領域で有名な治験責任者です。彼が自分のチームを率いてやっているところです。遅れてはいるが間もなく始まります。すでに我々のセールスチームがそのリウマチの先生と話を進めています。

    F351、2相は患者数は現在160名。2相としては十分だと考えています。ほかの2相は100名ちょっとのところもある。これをデータ委員会にかけて解析してもらいます。そこで3相に進んでいいかが話されます。(わくわくしていると発言)
    もともと2相の240名は多すぎたのです。結論がでたら報告します。

    😎あのね、2相なんてね100名ぐらいで十分なのね。F351なのよ!!確信的な自信があるんだぞっと♪でさぁ~山荘スキップな訳ょぉぉ💛

    👆でたぁ~!!これがルオさんの本音なのって感じ😍



    がんばれGN愛😍やったねゲレーロ⚾頑張れG軍、ラグビ-Japan🏉

  • 台風一過、被害を受けた方も多く、お見舞い申し上げます。
    当地はまぶしい秋空が拡がっています。昨夜は強い風にひやりとしました。

    さてGNIのことしばし。総会を振り返り(7/13頃の投稿)すこし元気がでました。

    社長/資金調達をどうするか、いい質問ですね。まず開発に重きを置きます。創薬開発以外に成長はない。2つの方法があります。

    ① 他の創薬会社と協力してそのアセットを活用する。
    ② 2018は米中で活動した。詳細はお伝え出来ないが言えることは、色々アセットを有していること。たとえば351とカルジェンです。
     
    351はどのタイミングでハートナーシップ結ぶか。重要なことです。開発後期になり2相が終わったあと、ある程度達成したあとは価値が高くなる。これは重要だ。株主様に最も有利な形で結びたい。351の開発コストは低い。2相は夏に終了予定だが、2ヶ月ぐらい経てばデータも可能であり、機は熟した時期ではないか。すでに高い関心をいただいており、様々なところから問合せも多い。

    次はカルジェンの抗がん剤です。これも投資させてほしいとの関心の声がたくさんある。サイエンスのバックグランドのない方には理解が難しいが、創薬としては非常に革新的物であり、抗ガン剤治療において大変重要な役割を果たすと確信しています。社内である程度育て価値を上げ、パートナーシップを結びたい。グローバルベンチャー企業は大変大きな興味を持っている。我々が投資した額以上の大きな投資したい。他社からの投資により価値が高まり、GNIの株主様にも大きな利益をもたらす。
    今後の資金調達を外部のジョイントベンチャー、大手のベンチャーキャピタル、大手製薬会社からも融資を求め、負担を高めること。そうなると株主様の負担を回避できる。

    >機は熟した時期ではないか。すでに高い関心をいただいており、様々なところから問合せも多い。

    そろそろで御座います。💛

  • 今日のPROTAC関連ニュースです。

    「今から10年後、新薬の承認の3分の1は分解者になる可能性がある」
    とコメントあり 詳しくは原文を

    大手製薬会社が癌を克服するために体のゴミ処理システムに賭ける
    「分解物」と呼ばれる新薬は、病気の原因となるタンパク質をごみとともに取り出すことができます。 10月10日

    https://www.bloomberg.com/news/articles/2019-10-10/big-pharma-bets-on-body-s-garbage-disposal-system-to-beat-cancer

    クレイグクルーズは、タンパク質分解薬の技術を開拓した。
    最も基本的なレベルでは、最も致命的な病気の多くは、見当違いのタンパク質の巣によって引き起こされます。ほとんどの医薬品は、これらのタンパク質に付着して一時的にシャットダウンすることで機能します。1990年代、イェール大学の科学者であるクレイグクルーズと同僚は、薬物が体の分子ゴミ処理機の標的にすることで、悪いタンパク質を破壊できるとしたらどうでしょうか。

    長年このアイデアは研究室の好奇心のままでした。バイオテクノロジーの投資家は当初、コンセプトに基づいて会社を支援しませんでした。クルーや他の数人の学者は、薬物を製造する実用的な方法であることを証明しようと努力しました。この10年前に、科学者たちが最も成功した薬のいくつかがこれらの人間のゴミ収集機に便乗することで効果を発揮することを発見し始めたときに、この分野は大きく後押しされました。今では錠剤を作るための最もホットな新技術の一つとなっています。クルーと彼が設立したバイオテクノロジー企業であるArvinas Inc.は、タンパク質を分解する化合物を医薬品に変えるために、世界最大の製薬およびバイオテクノロジー企業であるNovartis、Amgen、およびGilead Sciencesと競争しています。「細胞内の自然な品質管理機構をハイジャックすることにより、問題のタンパク質を文字通り消滅させています」とクルーは言います、、、、

    今から10年後、新薬の承認の3分の1は分解者になる可能性があると、C4セラピューティクスの共同設立者で科学顧問でもあるDana-Farberの分解者に取り組む化学者Nathanael Gray氏は言う

読み込みエラーが発生しました

再読み込み