IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

「飲食店で”不味い”と言う客は犯罪か」

 ネットに書いてあったが「食べログ」に時々不評を書いてる人はいる。確かに店の評判を落とすかもしれない。ひどい時は刑事の『侮辱罪』(刑法231条)や民事の『名誉感情侵害』にあたるらしいが、正直な感想として発言したのなら、法的問題はないとのこと。

 ずっと以前に「どっきり」と言う番組で、漫才師の(亡)内海好江(うつみ・よしえ)さんが行きつけの小料理屋に、轟二郎(とどろきじろう)が現れ、料理のすべてに「不味い(まずい)」を連発。そこは美味しいと評判の店で、好江さんは気をつかい「これは?これは?」といろいろ轟に進めるが、どれも「不味い」と言うので、しまいには女将も好江さんも腹を立てて怒り出した。そこで「どっきり」のプラカードを出し、笑顔になると言うもの。

 もう今はそんなおもしろい番組は無くなった。形を変えてたまにやっているのかもしれないが。あの頃の芸人はどうしてるのかなとネットで見たら、轟二郎は66歳で健在だが、すっかりお爺ちゃんになっている。ブログを時々書いているようで日々の暮らしは分かる。人気のあった野呂 圭介(のろ・けいすけ)も健在らしいが87歳になっていてビックリした。そんな昔の番組だったかと思って。

 好江さんの相方の内海桂子さんは98歳で生きているが、老衰で入院中のよう。14歳年下の好江さんが早くに胃ガンで亡くなった。寿命は別だが、病気が無い事が長生きかな。二人は東京の漫才師なので、テレビ以外で見る事は無いが、好江さんが生前、京都のホテルに講演に来て、一度だけ実物を見た。

 この日、好江さんは、アナウンサーだった(亡)有賀さつきさんが「旧中山道(きゅうなかせんどう)」を「いちにちじゅうやまみち」と読んだと話した。これはもう有名な話で、関西の人間は知らないだろうと思ったのかもしれないが、笑いが出ず、好江さんが「すべったか!」と言うように下を向いたのが印象的。

 この話は後日談があって有賀さんではなく、他のアナウンサーが言った話らしい。有賀さんの死因は卵巣ガンだった。

●ラーメン屋に「不味い」と伝えたい客、「犯罪なのか」
https://news.yahoo.co.jp/articles/73e66f6441bfc89f8bd25b65fb13f4b9d1a548d0