IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

令和版『東京ラブストーリー』

 いつの間にか、この番組はもう終わったと書いてあり、「え?何チャンネル?気づかんかった!」と思ったらテレビではなくネット配信だった。そりゃ~知らんかった。なんでテレビでやってくれないのかなぁ。

 配役を見ていたら、ほとんど知らないスター性の無い子ばっかりで、テレビでは視聴率が取れなかったと思う。織田裕二君、鈴木保奈美ちゃん、江口洋介君の時は、いい子が揃ってた。当時はすごい人気で視聴率も抜群に良かった。時代のせいもあるのかもしれないが、私は令和の方も見て見たかった。

 カンチ役の伊藤健太郎君だけ知ってるが、先週か?週刊誌に早々と同棲してる事が載った。いつかテレビで親が仕事をしていて、いつも寂しかったと言っていたので女性が誰よりも恋しいのかも。その時の男性の担任が面倒をよく見てくれて、今も仲良しみたい。健太郎君が有名になって先生も嬉しいかも。

 同棲で人気が落ちても健太郎君は強そうで、端役に落ちても一般の仕事でも強く生きていくと思う。朗(ほが)らかそうだもの。健太郎君は一重瞼なのに目が、ものすごく大きいので、こんな目もあるのかと思ったのが第一印象(笑)

●『東京ラブストーリー』令和版は何が変わった?
女性自身5/2(土)

 ’91年に放送された前作は、柴門ふみの漫画をもとに坂元裕二が脚本を担当。若い女性の支持を受け、最高視聴率32.3%を記録。小田和正が歌う主題歌『ラブ・ストーリーは突然に』は売り上げ250万枚超の大ヒットとなった。

 29年ぶりのリメーク版はネット配信。主題歌には19歳の現役大学生アーティストのVaundyが歌う『灯火』が決定した。

【永尾完治】織田裕二→伊藤健太郎
 当時23歳の織田裕二が演じたカンチ役にはNHK連続テレビ小説『スカーレット』で人気急上昇の伊藤健太郎(22)。リカの視点で描いた前作と異なり令和版は完治視点で展開する。

【赤名リカ】鈴木保奈美→石橋静河
 鈴木保奈美を一躍スターにしたリカを演じるのは、有名俳優を両親に持ち、ダンサーとしても活躍する石橋静河(25)。米国留学経験を持ち、令和版でりゅうちょうな英語を披露する。

【三上健一】江口洋介→清原翔
 完治の親友でプレーボーイの医学生・三上役には清原翔(27)。朝ドラ『なつぞら』など話題作に出演する令和のイケメンがロングヘア時代の江口洋介のハマリ役に挑戦する。

【関口さとみ】有森也実→石井杏奈
 完治から思いを寄せられる同級生のさとみを演じるのは、E-girlのパフォーマー・石井杏奈(21)。活発なイメージから一転、有森也実が強烈な印象を残した清楚系美女を演じる。

「SEXしよ!」はどうなった? 有名シーンの変化に注目
 リカの提案に乗って「せーの!」の掛け声で同時に後ろを向くが、約束を守らないリカに“ずるい”がくだけてこのセリフ。最終話にもつながる名シーンだが、令和版で注目したいのは東京タワーの見える屋上のシーン。2人の大切な場所になりそう。
https://news.yahoo.co.jp/articles/deec4be7dd926419648bc34da81780a42c7493e6