IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

朝ドラ『おちょやん』低迷

 私もそう思う。あまりにも言葉が汚く、乱暴でガラが悪すぎ。途中で見るのをやめた。脚本の男が相当偏見で大阪を見てる。盛り上げるには汚い激しい言葉がいいと思ってる。周期的に杉咲花が怒鳴り声をあげる。杉咲花も前評判の割には芝居が下手。私は途中でほとんど見なくなった。千之助(星田英利)も意固地で威張って怒ってばっかり。しっくり視聴者にストーリーを知ってもらうというのに欠けている。ドラマのモデル、浪花千栄子や村田栄子(若村麻由美)のイメージが悪くなりホント気の毒。

 いしのようこと、意外や新人の東野綾香の、静かな会話の時のアクセントが、一番大阪弁らしく、しっくり聞こえ上手だと思う。4~5日前、ドラマの中の芝居小屋で「マッとん婆さん」をやった。「ええ?」と思った。これは本物は「アッとん婆さん」と言って、女中の「おはつ」の話。曾我廼家 十吾(そがのや じゅうご)の当たり役。渋谷天外との絡みが絶妙。年齢的に私なんかは、リアルタイムで見られなかったが「VHS」には残っている。渋谷天外は脳梗塞で倒れ、回復後は足も言葉も不自由になった。私は不自由になってからのを見ているが、言葉を出しにくいのが、かえって何とも言えない笑いとなった。

 現在の渋谷天外が「おちょやん」が京都撮影所に行く時の守衛役で出ていた。未だに親の足元にも及ばない。芝居に味が無い。この天外は愛人の子で、浪花千栄子さんは天外の本妻だったが、それが原因で離婚した。このくだりが今後出て来るかも。天外と十五は仲が悪いので有名だったが、芝居ではしっくりして人気があり、その分、裏方はピリピリした。千之助役の星田英利が十五の役とは思わなかったが、星田にはこの味は出せない。せいぜい、はしたない怒鳴り役がいいとこ。

●ネットより
・私も上品な人間ではありませんが、朝から聞くに耐えない汚い言葉の連続でとても嫌な気持ちになった。あれが普通なの?」・大阪生まれ大阪育ちで結婚して奈良に住んでますが、父親に向かってあほんだらとか言うなんてみたことないわ!いくら河内とはいえ、大阪の印象が悪くなりそうでイヤやわ。・「ワレ!ボケ!じゃかあしい!どつくぞアホンダラ! 朝からこんなの放送するって放送倫理がないの?」汚い言葉で捲し立てるように怒鳴ってばかり。視聴者をつかむためと思うが、もう少し別のやり方が無かったのか。