ここから本文です

>>871

あい。

japanese.engadget.com/2018/03/28/uber-lidar/
>車載映像では歩行者が突然前方に現れたようにも見えるものの、実際の現場は街灯が灯された明るく見通しのよい車道であり、そもそも自動運転システムが搭載するLiDARやレーダーセンサーなら暗闇でも歩行者を検知
>「なにもない路上に歩行者だけがいて、それを自動運転車が検知できなかったということには驚くほかない」と語っています。ただ、事故の原因はソフトウェアの不具合による可能性もあると指摘しています。

  • >>872

    New York Times は,Uber が それ以前の問題を抱えていたと 長文の記事を書いています。

    New York Times,2018/03/23 (3月24日,ニューヨーク版 B1 面に掲載)
    By Daisuke Wakabayashi (サンフランシスコ)

    Uber のロボット車プロジェクトは,同社が運行する自動運転車がアリゾナ州テンピで女性を轢き殺す前, 何ヵ月もの間 期待に応えていなかった。
     Uber の車は,工事区間を通り抜けるのに難儀していた;次に大きなトラックのような 高い車が苦手だった。しかも,Uber の人間運転手は Waymo の車などと比べて 頻繁に運転に介入を強いられた。
     グーグルの自動運転車プロジェクトが分離した Waymo は,昨年 カリフォルニア州の公道でのテストで,トラブル時にコンピュータから制御を取り戻さざるを得なかった回数が 平均して 約 8,960 km に1回だったと言う。これに対し,今年3月の時点で Uber は 目標 21 km の目標を満たすのに四苦八苦していた ── New York Times が入手した 100 ページの会社資料 ならびに フェニックス地域での Uber の運行に詳しい2人が匿名で語った。