ここから本文です

敦賀2号は超々臨界圧という蒸気圧が非常に高い炉だから、壊れやすいんじゃないかと想像。

結局、原発の再稼働の目処が立たないので、ランニングコストの低い石炭火力を
メンテナンスには目をつむって稼働率優先で使ったツケが出ちゃったんじゃないかな?