ここから本文です

世界最大級のスーパーも仮想通貨始めるね

米大手小売業者ウォールマートが開発を進める独自の仮想通貨(ステーブルコイン)は、フェイスブックが主導する仮想通貨リブラほど政府からの批判は受けないだろうと、米金融サービス会社Cowenの政策分析部門の上席担当者Jaret Seiberg氏が語った。

ウォールマートは現在、ブロックチェーンを利用した独自仮想通貨の特許申請を行なっている。ウォールマートの仮想通貨は、米ドルなどの法定通貨に裏付けされているほか、指定された小売店やパートナーでのみに使用対象者が限定される利用方法になる旨が特許申請書に記載されている。

Seiberg氏は、このウォールマートの通貨がチャージ式の通貨になる可能性もあることを指摘する。あくまでも銀行口座を持たない人々の経済圏で利用される通貨として普及していくと考えている。

金融資産にペッグされる点ではリブラと類似点がある一方で、国際的に汎用的がある通貨ではない点で大きく異なるポイントになる。また、運用成績を求めるモデルとしても根本的に異なる。

Seiberg氏は、この通貨が政府から批判をされるどころか、銀行口座を持たない人々の経済圏を築く方法を探っている民主党員の興味を引くかもしれないと説明。ウォルマートは、独自のネットワークとステーブルコインにより、クレジットカードやデビットカードの必要性がなくなる可能性を示唆している