ここから本文です

感情論に精神論、戦前の日本ではあるまいに。その軍国主義の末路がどうなったか歴史を紐解くまでもない。「見切り千両、損切り万両」の英断が時には必要。

(某所より引用)
買う前に「損切りラインを決めておき、それを確実に実行する」と自分に言い聞かせていても、実際に買った後に値下がりすると、「きっと戻るはずだ」という根拠のない願望が人間の心を支配するようになりがちです。 損失は相場をやる上で絶対避けられない必要経費みたいなものです。その経費を多く払うか、少なく済ますかは投資家の力量となります。