IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

突然ですが
スキャルピングなどという数秒単位の取引の売却益と、数年単位で保有した場合の売却益に一律20%の税制は不平等だと思いませんか?

資金を必要とする企業はまとまった金額を安定的に供給されることでそれを元手に事業を行うわけです。
1日に満たない取引の資金では全く企業の役に立っていないし、少なくとも投資ではない。

実際にパチンコ感覚で数秒単位の取引をしている人たちは社会の動向も企業業績も興味が無く、さらには事業内容すら知らない。ただ単に値動きだけのマネーゲームを楽しんでいるだけです。

そのような取引であげた利益は、ただ単に社会全体で積み上げてきた富を横取りしたに過ぎないと思います。

だからと言って、短期売買自体を規制すればいいという人もいますが、それでは権利の侵害になるし流動性が減少する可能性もあるので、ここは税制を改正することで対処すべきではないか?と思いました。

例えば
1日に満たない取引利益に対しては税率40%
半年以上保有した場合の利益に対しては5%
などとすべきだと思います

すべてに一律20%税制ではあまりに粗雑すぎるし荒唐無稽です