ここから本文です

安倍くんが、単純に円安を望んだ結果だろ。。。アホな決断。。。

>>> 財務省が27日発表した2013年の貿易統計(通関ベース)によると、輸出額から輸入額を引いた貿易収支は11兆4745億円の赤字となった。赤字額は過去最大だった昨年の6兆9410億円を65.3%上回った。円安傾向と原子力発電所の停止を背景に原油など燃料の輸入額が膨らんだ。赤字の増大は貿易立国としての日本経済の構造の変化を映す。

 13年12月の貿易収支は1兆3021億円の赤字だった。月間の赤字額は過去3番目の大きさで、12月としては過去最大。

 13年の赤字額は比較できる1979年以降で最大となった。日本の貿易収支は11年に東日本大震災の影響で赤字に転落して以降3年連続の赤字となった。3年連続の赤字も79年以降で初めてだ。ただ、13年の輸出額は3年ぶりに増えた。

 ★★★13年の大幅な貿易赤字の主因は輸入の増加で、★★★輸入額は前年を15.0%上回る81兆2621億円だった。4年連続の伸びで、過去最大となった。火力発電に使う液化天然ガス(LNG)などが引き続き膨らみ、太陽光パネルやスマートフォン(スマホ)の部品に使う半導体も伸びた。

 外貨建て取引の基準となる円相場の公示レートは1ドル=96円91銭と、前年に比べ21.8%の円安・ドル高となり、円換算の輸入額を押し上げた。