IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

また中国人です



>中国・四川省の成都市にある「成都双流国際空港」の税関で今月18日午後3時ごろ、エチオピアの首都アディスアベバからエチオピア航空ET636便で飛んできた男(氏名などは明らかにされず)のスーツケースが検査台の上で開かれた。X線スキャンに通したところ、一般旅行客のスーツケースにはない奇妙な物体の存在を確信したからだという。ザラザラこぼれる砂や泥。茶色いヘチマたわしを思わせる穴だらけの不思議な物質。それは生きたアリがうごめく4.49kgもの重さがあるアリの巣であった。

「金色のアリは滋養強壮になるとあちらの人に聞き、これを中国に持ち帰ってワインに漬け込んでみようと思ったのです。自分で掘りました。」

8411 - (株)みずほフィナンシャルグループ また中国人です    >中国・四川省の成都市にある「成都双流国際空港」の税関で今月18日午後3時ごろ