ここから本文です

長期金利、0.085%に低下 8月以来の低さ
2018/11/26 13:35 日経速報ニュース 232文字
 26日午後の債券市場で長期金利の指標となる新発10年物国債の利回りが前営業日である22日に比べ0.010%低い(価格は高い)0.085%に低下した。8月22日以来、約3カ月ぶりの低さとなる。12月に3カ月に一度の国債大量償還を控え、償還資金の再投資をにらんで先回りした買いが入っているという。このため金利を押し下げているという。

 新発20年物国債の利回りも同0.010%低い0.600%と同じく8月22日以来の低水準をつけた。




----------------------

MCADシグナルは今年のMAXです

---------------------

いいかげんな売り煽り投稿に注意しましょうね!

ではでは