ここから本文です

ここのグループ会社は、ホームページに載っているだけで54社ある。

それ以外も何社(ペーパーカンパニー含む)もあるだろう。

これらすべての会社で事業が黒字で成り立っているとは思えない。

おそらく、新役員たちもすべて把握するのに相当時間がかかるだろう。

今回の事で、社員たちの士気も緩んで、たがが外れてしまったのではないか。

ただでさえ、赤字体質、だから粉飾に手を出したのだから。

優秀な社員が残っていれば立て直しも利くかもしれないが、さあ果たして。

資金繰り悪化、資産売却、仕込みの劣化、優秀な社員の離脱、負のスパイラルを何処で食い止められるかだな。

  • 93

    yuk***** 強く買いたい 8月24日 19:25

    >>91

    関係会社の整理については、外部弁護士中心の創業家との関係整理委員会で、相当数整理される。

    また心ある中堅社員は、理不尽な創業家追随一派からのくびきから解放され、士気は高まってくること間違いなし。

    優秀でも、旧経営陣に従ってきた社員は一掃され、また新しい有能社員が要職を占めてくる。なんせ、本社だけで1000名の社員、優秀な社員が間違いなく存在する。
    やっと社内改革の説明があり、この方向で進めば、いい会社になれる可能性が高い。

    さきほど社歴20年の中堅幹部の熱い心でこれからの会社の体質改善を滔々と語ってくれた。士気はむしろ高まっている。確かに、逮捕劇以降、個人向けの住宅の成約は止まっている部分もあるが、まだ様子を見ている。これから動き出すだろう。

    この会社の強みは、横浜地区の土地仕入力が昔から強力であること。事業化できる優良土地物件を多く持っているので、マンションも含めて商品化していく計画である。土地の投げ売りはしない。もちろんまだ売れていない建売住宅も一部あるが、消費税が上がるまでにどれだけ売れるか、ここは勝負どころである。2Qの業績がどうなっているか期待したい。

    やろうとしていることは、再発防止策を読むとコーポレートガバナンスの最先端を整備している。

    財務的には、銀行に逆らわない限り、健全に行く。主体は、浜銀とみずほ。
    期待して、月曜日には買増したい。

    ネガティブな投稿意見を意図的に出すくどい常連以外の方々は、
    ぜひ23日の再発防止策を丹念に読んでほしい。

    来週は株式市場でどのような動きをするか、悪質なデマ、煽り情報に影響されない、ご自分の信念に基づいた賢明な判断をお願いしたい。