ここから本文です

伊藤忠商事・・頑張って欲しい。空売りを仕掛けた米国投資Fグラウカス・リサーチ・グループに負けず(泣) 
同じ総合商社で外資系投資からの仕掛けられた日本企業と言えば・・やはり丸紅を思い出します。
 数年前、大手5大商社の一角の紅株は【買い】の個人投資家と【売り】の外資系証券2社(バークレイ・キャピタル証券とUBS証券=60,000,000株480億円)が連日激しい戦いを繰り広げたんですね。
東証で丸紅株が空売りダントツNO,1にランクイン(驚) 結果、株価は800円→640円に暴落‼個人投資家は憤慨(爆)。空売りの引き金は通称住商ショック(シェールGas投資失敗で減損1,000億円超)で、これを機に当時東証参加6割超を占める外国人投資家が、一斉に大手商社株を投げ売り。

そんな中、三菱商・三井物・伊藤忠の下げ幅より際立って下げたのが丸紅株だった。

 将に、外資系証券2社の空売りの影響は凄かった。丸紅広報部からの財務状況と巨額減損はないと、一方的な発表を否定するも外資系証券の空売りに苦慮。個人的な推測であるが彼等の投資判断に日本特有=総合商社と海外の資源会社(多国籍の鉱業・資源G=Rio・Tinto/世界最大鉱業会社BHPビリトン等)の違いがあるのだろうか?

 現在もS&Pレーティングが発行する財務信用本格付では大手商社三菱商/三井物/伊藤忠/住友商がAなのに対し・・丸紅・双日らは未だB。

 そんな丸紅はASEANで培ったノウハウでメキシコで地域会社と共にタイヤ販売事業拡大を目指すことを発表。すばらしい !

 個人的には、高齢化社会が懸念される中、やっぱり注視するのは医療関連。
本業では、武田薬品・第一三共、アステラス製薬ですか?

 また、先駆的な介護ロボット導入支援事業を取り組む企業サイバーダインに期待。
ちなみに、この会社も8月に外資系証券会社に一方的な噂で苦慮してます。
 世界に誇る【日の丸=ものづくり精神】を革新的サイバニクス技術の研究開発が潰されることは、無いと思うのです。

 個人投資家のみなさん、頑張りましょう! 世界の空売り軍団に負けるな!です。あの、ドイツ証券が数十億円の損失をもたらしたミクシイ株の爆上げ相場のように・・

では、良いお年をお迎え下さい。 (長文失礼)