ここから本文です

>>2

【 市場が休みなので暇潰しに、日経証券部 丸山大介2019/7/3 4:30の記事で遊ぼう♪ 】

日経証券部 丸山大介の2019/7/3 4:30の記事が一体どれだけ偏向してるのか、私なりに数値化してわかりやすく数字で表してみようw

まず「何故か、たった25日間の売上げを、年内売り上げと表現」したことによる偏向
365割る25=偏向14.6倍
次に「何故かスマブラだけ年内と表記し、何故かスパイダーマンだけ3カ月弱と表記」したことによる偏向
12カ月割る3カ月=偏向4倍
次に「何故かスマブラだけ国内数値、何故かスパイダーマンだけ全世界数値を挙げた」ことによる偏向
2018年(僅か25日間)のスマブラ全世界数値1208万割る同スマブラ国内数値317万=偏向3.81倍超
次に「3Q決算数値という最強の記事ソースが何カ月も前に出てるにも拘らず、証券部記者でありながらそれを選ばず、何故かわざわざ本数が少ないファミ通数値の方を選んだ」ことによる偏向
決算国内数値317万割るファミ通数値299万=偏向1.06倍超
次に「4Qまでの全決算数値という最大最強の記事ソースが何カ月も前に出てるにも拘らず、証券部記者でありながら何故か無視し、年の後半7月にもなって今更2018年内のみしか取り上げなかった」ことによる偏向
4Qまでのスマブラ数値1381万割る3Qのみのスマブラ数値1208万=偏向1.14倍超

以上から、私なりに数値化した、日経証券部 丸山大介2019/7/3 4:30の記事に掛かっている偏向の総量は
なんと、偏向倍率269.73倍超、という驚異驚愕驚天動地の数値となる
つまりこの記事では、任天堂スマブラの実績が、269.73分の1未満にまで縮小された、又は、ソニースパイダーマンの実績が269.73倍超にまで巨大化された、ということになる♪
ライブなどでは約5万7千人を収容してのける巨大な東京ドームでさえ、269.73分の1に縮小されてしまったら、約52坪という、ただの一軒家並の広さになってしまう
逆に、269.73倍に拡大すれば、10cmのゴキブリでさえ、約27mという9階建ビル並みの巨大怪物になってしまう
私なりに数値化した、偏向倍率269.73倍というのは
それだけ凄まじい数値なのである
本当に本当に本当に本当に凄まじい数値なのである