ここから本文です

ブレイクスルーは無い会社2

 キュマーボトム自体は、楽匠Zで一新(軽量化?)しましたが、マルチカーマ
の仕様を利用するのはどうか・・・・椅子型形態で家族とダンランそんな広い室を
お持ちの方が、国民の全体でどの位の人口割合なのかが問題です。

 インタイム5121は、定価は50万円マット+で20万円UP
インタイム1000は格安ですが、初代のインタイムを買われたお客様
はどう思うか・・・

 キュマーボトムの初代は、人間から来る汗が溜まる問題が発生し、クレーム
対策で通気口の穴を開けて特別対応
その後に、汗対応とコストダウン型を展開するがベッド幅は2通り?+
インタイムが開発されて床幅が大きくなる(シングルとセミ)・・・
初代のキュマーは基本部材が押出し材なので、幅対応が出来た。

 この会社の売り上げは、病院向けと在宅ベッド+個人宅ですが、病院
には、お財布が2種有ります。
 1.ベッドの更新時期で大量の購入品・・・古いベッドは引き取り案件
 2.10年以上使用のベッド部品の購入・・・・交換部品を特注品と
   して依頼・・・病院は、新規と別に用度課で消耗品として購入です。
   過去ですが、エスティア(現在廃止品)の代車Assyを依頼が有りました。

 薬事製品の組立が、松尾から千葉工場に移設・・・・
経産省と厚生省のハザマの病院向けベッド・・・海外では薬事扱いの病院ベッド
日本は、レントゲン受け台としてのICUベッドと透析椅子や採血椅子は薬事対応
もっとベッドの機能に特化してほしいのです。ボールネジ等長年の案件

 今年もクオカードが送られて来ます。