ここから本文です

富士フイルムに出来てニコンに出来ないことはたくさんあります。
ニコンに出来て富士フイルムに出来ないことは何もありません。
カメラのシェアは依然、キヤノンがダントツのトップだけれど、キヤノンにとってカメラは今や「ついでにやってます」的事業で、明日、カメラの需要が完全に尽きても蚊にかまれた程度です。ニコンにとっては存在意義の消滅を意味しています。
先代の社長が富士フイルムのCMに登場する優秀な社員たちを目にして、自社の能力に絶望、嗚咽しながら自主廃業の提案を経済雑誌に吐露したのは、先見の明があると思います。
自主廃業待ったなしだと思います。
私は正しい。