IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

会社側から4月19日に株主の皆様へ重要なお知らせ(その一)という、お知らせが出てますね。
http://www.goyointex.co.jp/wordpress/wp-content/uploads/2019/04/h31-kabunusinominasama-sono1.pdf

それに合わせてダイアモンドオンラインに、五洋インテックス社長解任請求の裏で浮上する「乗っ取り疑惑」、という会社側からにリーク記事が4月20日に掲載されました。
https://diamond.jp/articles/-/200471

記事は会社側からのお知らせを踏襲した内容で、実名で田久保氏、中島氏と会社側、臨時株主総会招集側(以下、臨株側)との関係を出しています。

これらを見ると、会社側の今までの対応(田久保氏が関与したとされる不適切な会計処理に対する第三者委員会報告や中島氏との顧問契約、キュアリサーチ事業の縮小等)については、会社経営陣の自分自身の経営ビジョンの無さ・他人への責任転嫁が伺い知れます。こういう経営陣はどんなに新しい計画を出しても性根が変わるわけがありません。(三つ子の魂百まで)

確かに田久保氏と臨株側の関係が気になります。(上記お知らせや記事が事実であれば)
私はダイヤモンドの記事で言う一般の株主ですが、言うまでもなく、株主総会後に臨株側が経営権を持った場合、田久保氏との関係を一切断ち切ったうえで再度新経営計画(長期、中期)、再建のための現在の会社の財務分析(含む借入金の24ヶ月分割支払い)を行っていただきたいと希望します。