ここから本文です

ネット社会と一致させた愛三工業で秩序の戦争。

私が思う秩序とは、物事を正しく整った状態にするためのきまりや順序。

その為にネット社会の道理と実体社会で調整作業をしている。

大府市は、ネット社会の道理と一致して需要を創出させた。

需要が創出したという事は、世論が私を認めてくれた証拠。

私の戦いは、敵の精神を打倒するための戦いであると同時に、とくに毛沢東が強調した「世論を味方につけるための戦い」である。

だから私は、ネット社会で道理を使い世論と調整作業をしている。

誰から見ても勝敗は、明らか。