ここから本文です

生保の決算は、一般的に新契約が好調の時は悪い数字になります。
契約初年度は新契約費がかさむので利益面ではむしろマイナスの影響がでるからです。利益貢献は2年目以降です。
決算悪くても狼狽しないようにご注意ください。