ここから本文です

私見ですが、11月30日に会社発表の2Q決算説明資料をみると、以下の内容が載っています。 単位:億円①総資産FY2022/4Q 4754.3⇒ FY2023/2Q 5198.9 +444.6(+9.4%) ②総負債 FY2022/4Q 3994.0⇒ FY2023/2Q 4164.9 +170.8 (+4.3%) ③純資産 FY2022/4Q 760.2 ⇒ FY2023/2Q 1034.0 +273.7(+36.0%)  ④現金/現金同等物 F2022/4Q 132.4 ⇒ F2023/2Q 180.0 +47.6 
2023/2Qの為替レートはドル円:141.00、€ 円:153.39でした。海上輸送費の高騰鎮静化や現在の円安基調が継続されれば、2024.3期の本決算では業績のやや上振れが期待できると考えています。11月6日に発表された決算短信での24.3期の予想EPSは215.68円ですが、225円~230円への修正が予想されます。予想EPSを225円として、過去10年の平均PERは18.4倍(コロナの影響が大きかった2020-2022とPERが以上に高かった2018年を除く)から予想株価を推計すると4140円です。
シビアーにみて, X 0.50 で2070円となります。今後も株価の上昇余地は
十分にあると考えています。皆さんの見解は如何でしょうか?