ここから本文です

5/10
2738+322高値2872
2020/3EPS 261.0円→PER 10.5倍

日工、今期経常は59%増益、140円増配へ

 日工 <6306> が5月10日後場(14:40)に決算を発表。19年3月期の連結経常利益は前の期比29.6%減の15.7億円になったが、20年3月期は前期比58.6%増の25億円に拡大する見通しとなった。

 同時に、今期の年間配当は前期比140円増の200円に大幅増配する方針とした。

 直近3ヵ月の実績である1-3月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比27.2%増の11.2億円に伸び、売上営業利益率は前年同期の8.2%→9.9%に改善した。

  • >>151

    8/13
    3325+135高値3340
    終値ベースで3300突破だゼヨ

    2019年08月08日10時54分
    日工が急反騰、4-6月期(1Q)営業は黒字に浮上、1→5の株式分割も評価
     日工 <6306> が急反騰し、年初来高値を更新した。7日大引け後に発表した20年3月期第1四半期(4-6月)の連結営業損益が2.7億円の黒字(前年同期は0.2億円の赤字)に浮上して着地したことが買い材料視された。

     国内でコンクリートプラント向け機械の販売が大きく伸びたことに加え、上海子会社の決算時期の変更による影響も寄与し、売上高は前年同期比47.7%増の80億円と大幅増収を達成した。

     同時に、9月30日現在の株主を対象に1→5の株式分割を実施すると発表。最低投資金額が現在の5分の1に低下することから、株式流動性の向上と投資家層の拡大を期待する買いも向かった。