IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

前期(2015年3月期)に無配継続することの穴埋めのため、今期(2016年3月期)の復配をほのめかす可能性はないではありませんが、いままでの感じからはそれもないと思います。また現時点で来期(2017年3月期)の復配に言及するのは更に現実的ではありません。直近の中期経営計画でも復配についての記載はなく、ここが株主還元に消極的なのは
株主なら皆分かっています。古い会社体質を一掃し、経営者の一新を図るなどの思い切った施策が必要ですが、どうやらそれも極めて難しいようです。ここの株価が上がるのは容易ではない、自社株買いなどやるわけはありませんし、不人気の要因が揃い過ぎていますね、株主としては残念至極ですが、もう諦めの境地に達しました、ダメです、ここは。(キッパリ)