ここから本文です

鉄鋼株は、

①世界景気に反応します。
②資源価格に反応します。特に高炉。
③環境規制に反応します。特に高炉。
④電気価格に反応します。電炉。
⑤スクラップ価格に反応します。電炉。
⑥企業によりますが、得意先の景況に反応します。自動車とか。


景気に関しては、特に中国が大きな影響を及ぼします。景気が悪くなって中国の鋼材需要が落ち込むと、過剰生産能力を抱えているため、安値でダンピングするため鋼材市況が低迷します。

自動車向けの高張力鋼、石油パイプライン向けとか、建築用線材とか、原発向けとか、企業により得意先が異なるため、そのあたりにも注意です。

しかし、景気動向が全てと言ってもいい業種と言えます。
中国政府の景気対策で少し上げましたが、米中貿易摩擦も激化で、中国景気がどうなるか、不透明ですね。