ここから本文です

>>683

機関と海外在住の外国人にとっては、我が国の株主優待は百害あって一利無しでしょうね。
一方、我が国には桐谷さんとそのシンパのような個人株主も少なからず存在し、
株主優待の改変内容次第で株価が急変したりもします。

もしかしたら、QUOカードの郵送すらもはや時代遅れなのかもしれません。
もしも法的な問題が無ければ、お年寄り株主達の為に従来の葉書で選択申請し贈答品を受領するシステムを残しつつ、並行してインターネット経由で選択申請しキャッシュレスポイントで還元できるようなシステムも可能になれば、株主にとっても有り難いし、贈答品発送の経費節減やら株主優待担当者の負担軽減や働き方改革にも貢献できるのですけど。ソフトバンクや楽天やLINEが率先して実元すべきなんでしょうけど、誰もそういう発想に至らないんでしょうかねぇ?