IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
992

seg***** 強く買いたい 6月9日 13:03

【お盆は 高原に旅行に行くわ (୨୧ ❛ᴗ❛)✧】
東証前引け 続落 半導体関連が下落、ファストリも安い


9日午前の東京株式市場で日経平均株価は続落し、前日比95円27銭(0.33%)安の2万8868円29銭で終えた。前日の米株式市場で半導体関連株が下げた流れを受けて、東京市場でも値がさの半導体関連銘柄の一角に売りが出た。上値の重さが引き続き意識されるなかで、持ち高調整の売りも重荷となった。

前日の米株式市場では、半導体関連銘柄で構成するフィラデルフィア半導体株指数(SOX)が下落した。東京株式市場でも東エレクやアドテストなど半導体関連銘柄が売られた。市場では「レーザーテクの大幅な下げが続き、他の半導体関連銘柄の売りにつながっている」(国内証券のストラテジスト)との見方があった。指数寄与度が高いファストリの年初来安値更新も下押しにつながった。

下げ幅が100円を超える場面があったものの、一段と売り込む動きは限られた。新型コロナウイルスのワクチン接種が進展するなか、陸運や不動産、百貨店といった内需関連株の上昇が下支えした。「経済活動の正常化への期待で、コロナ禍後に株価が低迷した銘柄に買いが集まっている」(みずほ証券の倉持靖彦マーケットストラテジスト)との指摘があった。米国務省が8日に日本への渡航の警戒レベルを1段階引き下げたことも、空運株の支援材料となったようだ。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)はともに小幅に反落した。

前引け時点の東証1部の売買代金は概算で1兆1703億円、売買高は4億9293万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は877、値上がりは1191、変わらずは123だった。

ダイキンが下落。エムスリーやコナミHDも売られた。一方、前日に人気化したエーザイはストップ高買い気配。ファナックや住友不が買われた。