ここから本文です

19日の日経平均先物は小幅反落した。6月物は前日比15円安の2万1390円で引け、19日の大取終値を20円上回った。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を20日に控えて一段の買いに慎重ムードが広がり、売りに押された。米経済紙は19日、米中貿易交渉について4月中の合意を目指すと伝えたが、反応は限られた。