ここから本文です

数ヶ月前の週刊ダイヤモンドで倒産危険度ランキングなる特集があった。上場企業が対象で日商はワースト29位だった。不動産は有利子負債が大きく、自己資本比率も低くなりがちなため指標的に悪く出やすい。ここの積み上げられた在庫は自前のリートに売却するので、その記事を読んでも個人的には危険度を感じなかった。

但し、機械的に導き出された指標は出回り、取引相手に対する信用度を損なう可能性はある。その件もあり在庫を捌き、有利子負債を減らして指標を良くすることに舵を切ったのかもしれませんね。

ここが200億を売って上方するというなら間違いなくやります。ここはやると言ったことは必ずやります。逆に控えめ過ぎて株主はいつも迷惑をこうむる会社です。実質上方修正のIRですが休み明けの株価の反応が鈍く1500以下で買えるようなら買い増しても良いかと思います。