ここから本文です

アメリカの長期金利上昇、ダウ、日経平均乱高下による世界同時株安。株式市場から現金を引き上げる人もでてきている。が、しかし世界経済は今もなお緩やかな上昇基調。今後のダウ、日経平均の展開はサブプライムローンの時とは違って緩やかな下落、そして緩やかな円高かな。今週後半の日本株は利益確定売りと空売り一辺倒というよりは輸出関連から内需株へのシフトって感じ。ペッパーの株主からしたら嬉しい展開なんだよ。今年の下半期、もしも1ドル100~105円で推移したら目ん玉飛び出るような決算出るよ。