ここから本文です

YI Tunnel はPre-Aラウンドで数千万元の融資を獲得し、無人冷蔵庫自動決済プランを推進

36氪が把握するところによると、マシンビジョン技術に基づく自動決済プランを小売店に提供するYI Tunnelは近いうちに、Pre-Aラウンドにおける数千万元の融資を獲得し、そのリードインベスターを昆仲資本(Kinzon Capital)が務め、旧来のスポンサーである百度風投(Baidu Ventures)と峰尚資本(Fengshang Capital)が共同出資するとのことだ。同社は今年10月、エンジェルラウンドで百度風投と峰尚資本による数千万元の投資を獲得したことを発表している。YI Tunnelは主に小売店にマシンビジョン技術に基づいた自動決済プランを提供し、以前には伝統的な小売り決済の場面をターゲットにしたYI Tunnel AI無人レジ、Amazon Goより低コストなSuper Y純視覚技術I無人店舗ソリューションを打ち出した。