ここから本文です

>>455

> アート投資に近い要素があるのかもしれませんね。

自分にはそうは思えません
アートは確かに不確定ではありますが、一般の人にも芸術品として
認識されているもの(それが高いか安いか別としてですが)
ここの取り扱い物は一部はアートに近いものもあるでしょうが
ほとんどは一般人にはゴミ・不用品として認識されるもの
決定的に違います 残念ながら
たとえれば、アートは金鉱山から金を探しているようなもの
(すでにアートという金鉱山があることは誰でも知っている)
ここはまず山の中からその金鉱山を探しているようなもの
そしていくつかめぼしい山は見つけている段階ぐらいでしょうか
そしてその段階で投資する人は少数でしょう
まあそれが投資の本来の姿ではあるのでしょうが
したがって、大多数の人にすでに金鉱山を見つけている所有して
いると認識されなければ安値だろうが高値だろうが放置になるのは
当然だと思います