ここから本文です

※高級伊藤ハムの簡単な解説

・伊藤ハム米久ホールディングス発足前、最後の伊藤ハムの株主優待である5千円相当の伊藤ハム製品をゲットするために、権利取り最終日に伊藤ハムの現物株1000株を747円で持ち越し
   ↓
・伊藤ハム株の持ち越しと同時に、伊藤ハム株を747円で1000株空売り
   ↓
・空売りを現物株で返済(747円-747円)するので株価変動リスクなしに実質0円で優待をゲット!(※株式用語でいう「両建て」「クロス取引」)
   ↓
・しかし、みんなが同じことを考えすぎて大量の空売りが入る事態に
   ↓
・とんでもない株不足の状態に陥り、空売り調達コスト「逆日歩(6日で36円)」が発生
   ↓
・1000株両建ての人は、実質0円で優待をゲットするはずが「36円×1000株=3万6千円」を支払って優待をもらうことに
   ↓
・クロス乞食の伊藤ハム詰合せ(5千円相当)が3万6千円の高級伊藤ハムに