IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

日興証券のレーティング引き下げによる下げはとりあえず止まっているが、ジリ安基調は変わらない。
市場は、上げるより下げるきっかけを模索している。
日経225が下げれば当然下げるし、レーティング引き下げ、9月期決算見込がニュースになった時など
下げるきっかけに事欠かない。
タケノコの皮を剥ぐように身が細る株価と株主の心情を思う時に、会社として市場に少しでも効果的コメント
例えば、社長が何かの会見の場で「中期経営計画の進捗状況など総合的に考えると当社の株価は過小評価されている」
くらいのメッセージは発信してもらいたい。