IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

グローバル企業は円安と円高で努力の仕方を変える。

円安なら国内の労働力を使う割合を増やす。
円高なら海外の労働力を使う割合を増やす。

企業にどう努力をして欲しいのか、それは国の都合です。