ここから本文です

日本の国債発行残高は,対GDP比率ではギリシャよりも遥かに多く、このことは超高齢化と政府の人気取りのバラマキ行政に因るものである。国債が国内で売れているから問題なしと嘯(うそぶ)いているが、物には自ずから限度がある。増加率は更に逓増しており、いずれハイパーインフレでちゃらにするしか、結果が見当たらない。国民がせっせと預金しているお金の多くが国債に変わっていることを国民が熟知しているとも思えない。日本経済は、深刻な状況に向かいつつあることを、政府は真剣に考えて欲しいものです。