ここから本文です

「パーティ動画」でウイルス拡散
預金引き出し被害多発 中国

メールで送信されてきた「パーティ動画」などに仕組まれていた木馬型ウイルスによって、銀行預金が不正に引き出されるという被害が中国で増えている。動画サイトにアクセスすると、ウイルスに感染する仕組みという。政府系メディアが23日付けで伝えた。
被害が多発しているのは、浙江省金華市など。木馬型ウイルスに感染すると、銀行の口座番号など個人情報が知られてしまう。ある被害者は過去に参加した「同窓会パーティ」の動画が送られてきたため、すぐにアクセス。その後、わずか数時間のうちに銀行預金2200人民元(約3万6200円)が引き出されたという。
警察の調べによると、金華市で同様のメールを受取った人は10万人以上に達する。うち数万人がウイルス感染の被害に遭った。メールは受け取った人のスマートフォンに登録されている別のアドレスにも転送される仕組みで、これがウイルス感染被害の拡大につながっている。

2016年11月25日14時47分 【亜州IR】