IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

中国政府が関与するハッカー集団が、11月の米大統領選に向け民主党候補指名を確実にしたジョー・バイデン前副大統領陣営のスタッフにサイバー攻撃を仕掛けたと、グーグル幹部が4日、ツイッターへの投稿で明らかにした。
さらに、再選を目指すトランプ大統領陣営スタッフの電子メールアカウントがイランからのサイバー攻撃を受けたとも指摘した。
グーグルの脅威分析グループを率いるシェーン・ハントリー氏によると、いずれの陣営でも「情報流出の兆候はない」という。
イラン系ハッカー集団によるトランプ陣営スタッフへのサイバー攻撃は、すでに昨年発覚していた。[nL3N26P3H0]
また今年初旬には、ロシア軍とつながりがあるハッカー集団が、バイデン氏の息子ハンター・バイデン氏が取締役を務めていたウクライナのエネルギー会社にハッカー攻撃を仕掛けていたと、米サイバーセキュリティー会社エリア1が明らかにしている

これからはやっぱりサイバーセキュリティーが大切ですね !